5G(第5世代通信)とは?生活はどう変わる?4Gとの違いやメリットをわかりやすく解説!

5gイメージ画像 IoT
この記事は約4分で読めます。

5Gで世界が変わる!?

「5G」が日本でサービス開始となる ”2020年”

巷でも2020年には5Gの導入によって世界は大きく変わると言われています。一体どんな風に変わるのか、とっても気になりますよね。

5Gとはどういったもので私たちの生活や社会にどんな影響を与えてくれるのでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5Gとは?

5G=第5世代移動通信システムの略称です。

みなさんが普段使っているスマホやwifiで活用されている、通信テクノロジーそのものを指します。

通信システムは実はとっても深い歴史があります。

 

1Gから2Gまで

1Gが出来てから使えるようになった通信サービスとして「ショルダーホン」や「ポケットベル」が代表されます。平野ノラが肩から掛けている黒い電話機ですね。

2Gができると、今では当たり前になっている、「Web」や「メール」ができるようになりました。ここでアナログから一気にデジタルな世の中に変わっていきました。

3Gから4Gまで

3Gになると、通信速度を高速化できるようになり、電話やネットが繋がりやすくなりました。代表的な端末などはありませんが、通信速度は飛躍的に上がりました。

4Gが出来てからは、みなさんもご存知の「スマホ」が登場します。ここからスマホ時代に突入していきましたね。これも通信レベルが上がったことでできた端末です。

1G〜4Gまでの年表

  <年代> <サービス>
1G 1979年〜 ショルダーホン・ポケベル
2G 1993年〜 Web・電子メール
3G 2001年〜 通信速度の高速化
4G 2012年〜 スマートホン

 

5Gでできるようになること

そうはいっても、「ただ通信速度が早くなるだけじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思います。

5Gが実装されたら、一体どんなサービスが登場するのでしょうか。ここでは登場が予想されるサービスについて紹介していきます。

VRやARなどの動画コンテンツ・サービス

5Gによって今よりも通信レベルが上がることで、大容量のデータ通信が遅延なしで利用できるようになります。ということはVRなどのデータ量の重いサービスが流行ると予想できます。

また、AR(拡張現実)というコンテンツも増えていくでしょう。簡単に言うと「ポケモンGO!」のような現実と仮想空間がリンクしているようなコンテンツです。

自動運転

莫大な情報を遅延なしで通信可能になることで、登場が予想される技術として自動車の自動走行が挙げられます。

車に搭載されたカメラやナビがインターネットを介して情報を共有し、自動で安全に運転してくれるようになります。

交通事故が激減しますね。

AIによる無人監視

AIが搭載された監視カメラやセンサーがあれば、監視員も必要ありません。映像を高速で処理、インターネットを介してAIが判断し、監視員の役割を果たしてくれます。

5Gが社会に与える影響

上記で説明したように5Gが与える影響は様々な分野に及び、人々の生活をよりよくしてくれるでしょう。

私たちにとって実際にどんな影響があるのでしょうか。

今ある仕事がなくなる

AIやロボットが高速通信によって、大量の情報処理を行えるということは、現在人間によって行われている作業をAIロボットに代行させることができるようになる、ということです。

代表的な物だと、配送ドライバー・経理などの事務員・監視員・工場や研究所の作業員・商業施設の案内など。

IOTの加速

最近では様々な物がインターネットにつながるようになり、IOT化の波が来ているように感じます。

IOTこそ、5Gの真骨頂ですので、私たちのみじかな物や家電は全てIOT化すると考えてもよいでしょう。

情報はリアルタイムで共有され、AIが人間に最適な情報を提供してくれる、便利な社会になっていくと予想されます。

まとめ

ここまで、5Gについて紹介してきました。

2020年には一体どんな世の中になるのか、想像するだけで、ワクワクしますね。歴史からもわかるように、より便利なサービスや、今までになかったコンテンツが登場することはまず、間違いありません。

反対に仕事を取られるなどの不利益を被る人もいるでしょう。時代の流れはいつの時代でも訪れることなので仕方ありません。

5Gになることで利益を得られるように、今後きたる未来を予想しながら、生活してみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました