動画メッセージの「cameo」が話題!有名人にメッセージをもらえるシステムとは?

動画メッセージの「cameo」が話題!IoT
『出典:Unsplash』
この記事は約3分で読めます。

少し前に有名人と話すことができるとクラブハウスが話題となりましたよね。

クラブハウスは有名人と話せる可能性があることで人気でしたが、今は有名人から直接メッセージをもらうことができるcameoが話題となっています。

cameoとはどういうもので、有名人からメッセージをもらえるとはどういうことなのかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有名人にメッセージをもらえるcameoとは?

cameoは、シカゴ発の動画メッセージサービスです。

憧れの有名人からあなただけに向けたメッセージを受け取ることができるんです。

とても夢のあるサービスだと思います。。

自分の大好きな有名人から、自分だけに向けたメッセージが送られてくるなんてありえないことですよね。

有名人からメッセージをもらえるとはどういうことなのでしょうか。

有名人にメッセージをもらえるシステムとは?

cameoに登録している有名人に動画メッセージを発注することができます。

まだ成長中のサービスなので、メッセージをもらいたい有名人が登録していない可能性がありますが、コロナ禍の巣ごもりで需要が需要が増しているようです。

登録している有名人は、ジャンルを問わず約1万8000人以上が登録しているとのこと。

アスリート、俳優、名脇役、ちょい役、お笑い芸人、タレント、TV司会者、リアリティー番組の出演者、企業人、カリフマシェフ、インフルエンサー、そっくりさんなど。

有名人に頼めるメッセージとしては、差別やヘイトなど一線を越えなければ、どんなものでもOKです。

サプライズのプレゼントとしてが多いみたいですね。

cameoの料金は?

1番気になるメッセージの料金はいくらなのでしょうか。

有名人にメッセージをもらうとなるとかなりの金額だと思ってしまいますが、たったの5ドル(約530円)からオファーを送れます。

もちろん世界中で知られるほどの有名人となると、100ドルから3000ドル必要みたいですが、思っていたより安いと感じたのではないでしょうか。

数十ドルで有名人からメッセージをもらえるのは、リーズナブルですし、本当に嬉しいですよね。

有名人は儲かるの?

これだけ安いとなると有名人の方は儲かるのでしょうか。

儲からなければ有名人にとって意味がなく、登録もしてくれなさそうですよね。

有名人は料金を自分で設定するそうです。

そして、依頼が来たらスマホに表示される台本を読み上げて録画、それをアップして終了なので、非常に簡単。

支払われた料金の75%が有名人の手元に入るそうです。

料金を高く設定すればするほど儲かりますが、料金を高くし過ぎると誰も注文してこないので身の程を知るよい機会になると有名人の方は語っています。

コロナ禍の中、有名人からすればお小遣い稼ぎとしていいのかもしれませんね。

cameoの日本展開は?

こちらのcameoですが、日本からも利用することができます。

ですが、英語であることと、まだまだ日本人の有名人の登録は少ないのが現状となっています。

それがついにBaron App, Inc.(cameo)とソフトバンクが協業して、日本語でサービスを提供することが発表されました。

国内のタレント事務所やスポーツチームなどと連携して有名人を募るそうです。

すでにホリプロをはじめとする、芸能・タレント事務所の参画などが協議されているようですので、楽しみですね。

動画メッセージの「cameo」が話題!のまとめ

有名人からメッセージをもらえるなんて、cameoが話題となっているのにも納得です。

数千円から数万円でメッセージをもらえるとなれば、ぜひ利用してみたくなりますね。

ソフトバンクが展開するとなれば、日本中で本当に話題になって、多くの有名人の方が登録してくれるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました