針なし血糖値センサーがそこまで来ている!将来的にはアップルウォッチにも搭載

針なし血糖値センサーがそこまで来ている!IoT
『出典:Unsplash』
この記事は約3分で読めます。

血糖値を測るというと普通の人では馴染みがないかもしれません。

糖尿病患者の人にとって欠かすことのできない血糖値センサーですが、現在では針で指を刺して、血液を取る必要があるため、ストレスも大きくなってしまいます。

ですが、針のない血糖値センサーがもうすぐそこまで来ているとのこと。

糖尿病の人だけではなく、健康管理のためにも血糖値を測ることは大事ですが、針なし血糖値センサーについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

針なし血糖値センサーがそこまで来ている!

冒頭でも紹介した通り、針のない血糖値センサーがもうすでに実用レベルに達しているようです。

採血をせずに血糖値測定ができる非侵襲血糖値センサーを開発しているライトタッチテクノロジー株式会社が1億円の資金調達を達成したようです。

また、日本での発売はまだ未定となっていますが、K’Watch Glucoseが血糖値測定機能の付いたスマートウォッチを2022年〜23年に発売するとのこと。

針を刺す必要のない血糖値センサーを待ち望む人は多かったはずですので、本当に嬉しいニュースですね。

針なし血糖値センサーのメリットは?

針なし血糖値センサーは非常に期待されています。

針なし血糖値センサーには、さまざまなメリットがあるからですね。。

痛みがない

先ほども紹介したようにこちらが1番のメリットとなりますね。

糖尿病患者の人は、一日に何回も針を刺して血液を取る必要があります。

もちろん痛みも伴いますので、そういったことから解放されることになるので、非常に大きなメリットとなります。

血糖値の変化で健康管理

健康意識の高まっている昨今では、血糖値を測ることも大事となってきます。

食事や間食の前後に血糖値を測ることで、体調に与える影響などを知ることができるでしょう。

そうすることで、生活習慣の改善にもつなげることができます。

自分にとって血糖値の上がりやすい食事や運動などを把握して、血糖コントロールをすることができますよ。

将来的にはアップルウォッチにも

あのアップルウォッチにも針なし血糖値センサーが搭載されると言われています。

アップルウォッチはヘルスケアに特化してきているため、血糖値を測るためにも妥協がありません。

常に血糖値を測ることができれば、病気の予防などにもつながるため、楽しみですね。

これまでも搭載されるという噂がありながらも、搭載されなかったため、今回こそ間違いないでしょう。

数年後には、血糖値を測ることが当たり前となっていそうですね。

針なし血糖値センサーがそこまで来ている!のまとめ

最近では、健康意識の高まりからよく聞くようになった血糖値という言葉。

糖尿病患者の人にとっては当たり前のものですが、普通の人にとっては馴染みはないですよね。

針を刺すことなく、血糖値を測れるというのは画期的ですし、切望されていた技術です。

1秒でも早くその技術が確立して、針なし血糖値センサーが誕生することを待ちたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました