スマートリングとは何ができるもの?メリット・デメリットやおすすめ3選を紹介

スマートリング IoT
『出典:Unsplash』
この記事は約4分で読めます。

今やスマートフォンは持っているのが当たり前となりました。

さらに体に装着して使うウェアラブル機器にも様々な種類があります。

そういったものは、スマート○○と名前が付けられていることが多いです。

スマホやウェアラブル機器を使うことで、生活をより豊かにすることができるでしょう。

その中で、スマートリングなるものが今、注目されているようです。

今回は、スマートリングについて紹介していければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートリングとは?

それでは、スマートリングとはどのようなものなのでしょうか。

スマートリングとは、指輪型のウェアラブル機器のことを言います。

指輪型のスマートリングを装着しているだけで、スマホなどを取り出すことなく、指一本で便利に使うことができます。

最近では、新型コロナウイルスの影響も相まって、非接触決済機能を持つ機器に注目が集まっています。

ですので、スマートリングの開発は急速に進んでいるようです。

スマートリングで何ができる?

スマートリングを使うとどのようなことができるのでしょう。

先ほども紹介した非接触決済ができるなど便利なことがたくさんあります。

  • 電子マネーによる非接触決済
  • 通話や音声アシスタント
  • 公共交通機関カードの代わり
  • パソコンや家電などの遠隔操作
  • 自宅や車のキー代わり
  • 健康管理

指輪を装着するだけで、これだけのことができるようになると、本当に便利ですよね。

スマートリングのメリット・デメリット

スマートリングには、メリット・デメリットがあります。

これらのことを知って、自分のライフスタイルに合うか判断してみてください。

メリット

やっぱり指輪型で小型なので、邪魔にならずに様々な機能を使うことができることです。

このご時世なので、非接触で買い物などができるのは本当に便利だと思います。

また、スマートリングを使うことで、運転中などの手が離せない状況でも電話に出たりすることもできます。

デメリット

その小型なデザインゆえに、操作性が悪いということがあります。

コンパクトなので、本体に液晶ディスプレイなどはないので、本体のボタンや連動したスマホを使用して操作することになります。

ですが、そうなってしまうと本末転倒ですので、今後さらに使いやすくなっていくのに期待したいですね。

また小さいので、失くしやすいというのもデメリットです。

スマートリングのおすすめ3選

それでは、スマートリングのおすすめを5つ紹介していきます。

スマートリング自体は、まだ日本では開発されておらず、ほとんどが海外製となるので、サイズ感や機能が対応しているかなども確認しておきましょう。

Oura Ring

Oura Ring 

『出典:Oura Ring公式サイト』

フィンランドのスタートアップ企業のオーラが開発したスマートリング。

ユーザーの心拍数や動き、体温などを24時間追跡することができ、睡眠、アクティビティ、コンディションなどを計測することができます。

健康を気にされている人にはおすすめのスマートリングです。

EVERING

EVERING

『出典:EVERING公式サイト』

EVERINGは、Visaのタッチ決済対応のスマートリングです。

Visaのタッチ決済に対応している店であれば、何も取り出すことなく買い物を済ますことができます。

非常に人気のもので、即日完売になるほどです。

ORII

ORII

『出典:ORII公式サイト』

電話、SMS、LINEなどの通知をバイブレーションやLEDをカスタマイズして伝えてくれます。

骨伝導オーディオの搭載により、リングを耳に当てると通話することができます。

ジェスチャーを使って、音楽プレイヤーを操作することが可能。

ORIIは、世界初の音声型スマートリングとなっています。

スマートリングのまとめ

デジタル製品は、年々すごくなってきていますよね。

スマートリングを使えば、間違いなく生活を便利にすることができます。

機種によって、持っている特徴は違っているので、自分に合った機能を搭載したスマートリングを選んでみてください。

将来的には、思いもよらないような便利な機能も搭載されるでしょうから、今のうちから使い慣れておくのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました