今話題の音声SNS・clubhouse(クラブハウス)とは?そのメリットやデメリットを紹介

clubhouse IoT
出典:Pixabay
この記事は約4分で読めます。

みなさんclubhouseが何か知っていますか?

 

最近急激に聞くようになったclubhouseという言葉。

 

一体何かと思っていたのですが、新しいSNSのことのようです。

 

clubhouseとは一体どのようなものなのか、どうやって始めるのか、メリットやデメリットなども紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

clubhouseとは?

clubhouseは、アメリカで誕生した音声SNSです。

 

2020年春にスタートして、日本では2021年の1月からユーザーが増え始めたばかりなので、知らない人も多いはず。

 

まだまだ始まったばかりのものなのに連日トレンド入りするなど、非常に盛り上がってきています。

clubhouseは何ができる?

これまでのSNSと違う点は、音声のみで交流するということです。

 

アプリ内で「room」に入ることで、世界中の人と交流することが可能となっています。

 

「room」に入って、さまざまな話を聞くのをオーディエンスと言いますが、聞くだけではなく、会話に参加することもできるようになっています。

 

「room」の司会者であるモデレーターに指名されるか、挙手ボタンを押して承認されればスピーカーになることができます。

 

これまでにないSNSですし、世界中の人とコミュニケーションが取れるのは、とても楽しそうですよね。

 

では、clubhouseを始めるには、どうすればいいのでしょうか?

clubhouseを始めるには?

これまでのSNSであれば、アカウントを作成してすぐに始めることができましたが、clubhouseはすぐには始められません。

iPhoneが必要

現時点では、clubhouseはiPhone向けのアプリしかありません。

 

ですので、始めるためには、iPhoneユーザーでなければいけません。

招待が必要

ここが重要となってきますが、clubhouseを始めるには、すでに利用している人から招待されなければいけません。

 

その招待する側の人が、招待される側の人の電話番号を電話帳に登録していなければなりません。

 

この条件が揃って初めてclubhouseを始めることができます。

clubhouseのメリット・デメリットは?

今話題のclubhouse。

 

そんな人気のSNSには、メリットとデメリットがあります。

メリット

これまでにないSNSで、リアルな会話ができる。

普段の会話と全く同じとはいきませんが、普段会話しているような感覚で交流することができます。

招待制で実名登録なので、安全性が高い。

招待制で選ばれた人しか使えないですし、実名登録ということで、安全性は高くなっています。

著名人と会話することもできる。

気になる「room」に入ってみると、普段会えないような有名人や著名人などと交流できる可能性があります。

デメリット

招待枠が売買されていて、電話番号などが流出してしまう

招待枠を売買するという事例が増えてきています。招待する人に電話番号などを教えないといけないため、個人情報の流出に繋がってしまう可能性があります。

依存してしまう

音声などを録音することはできないので、聞きたい情報を聞き逃さないようにするために張り付くなどして依存してしまう可能性が高いです。

退会方法が用意されていない

こちらが一番煩わしいと話題になっています。

 

今のところ退会するには、サポートセンター(support@joinclubhouse.com)に英文で退会の意思を伝えないといけません。

clubhouseがおすすめの人

clubhouseがおすすめな人は、話すことが得意な人や好きな人です。

 

対面だと緊張して話せないという人もclubhouseであれば、話せますし、オンラインサロンのようなこともできます。

 

世界中の人と交流できるため、英語スピーカーと会話することで英語の勉強もできますし、知りたい情報などを取材することもできるでしょう。

clubhouseのまとめ

広まりだしてから日の浅いclubhouseですが、ユーザー数は爆発的に広がっています。

 

招待制となっているので、気軽に始めることはできませんが、チャンスがあれば、みなさんも初めてみてはいかがでしょうか?

 

勉強のためや取材のためなど、さまざまなことに用いることができますし、有名人と直接会話するチャンスかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました