よしもとが3つのアカデミーを新しく開校!その内容や費用などを紹介します。

よしもとアカデミー イベント
出典;Unsplash
この記事は約4分で読めます。

お笑い芸人を多数輩出し、最近なにかと賑わせている吉本興業。

 

NSCなど若手を育てる環境もあったりと有名なよしもとですが、なんと今年から新たな試みが始まるみたいなんです。

 

今回は、そんなよしもとの新たなアカデミーについて内容や費用などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よしもとが3つのアカデミーを開校

なんとよしもとが新たに3つのアカデミーを開校するようです。

 

最近では、お笑いだけではなく、様々な活躍をする芸人が多いということで、若者のマルチな才能を発掘するべく開校したとのこと。

 

その3つとは、「よしもとパフォーマンスアカデミー」「よしもとクリエイティブアカデミー」「よしもとデジタルエンタテイメントアカデミー」。

 

どのアカデミーも校舎はNSCと同じということ、それぞれ一年となっていて、さらに一年追加できるアドバンスコースもあるようです。

 

それでは、各アカデミーの詳細について紹介していきます。

よしもとパフォーミングアカデミー

こちらでは、ヴォーカルや演技、ダンスなどのエンタメレッスンを受けることができ、一年で基礎を学んで得意なことを見つけていくスタイルのようです。

 

さらに、アドバンスコースの2年目では、より専門的に学んでいき、オーディションなどに参加し、デビューに向けてのバックアップを受けることが可能となっています。

よしもとクリエイティブアカデミー

エンタメ業界のモノ作りの人材を育成するアカデミーとなっており、複数のコースに分かれています。

 

このスクールの人材を集めれば全てのジャンルのコンテンツが作れるということを目指しているとのこと。

 

  • エンタテインメントプロデューサーコース
  • ライターコース①脚本家コース
  • ライターコース②構成作家コース
  • 映像クリエイターコース
  • ライブプロデューサーコース

 

これだけ細分化されてコースがあるなんて、専門的に学びたいと考えている人には、おすすめですね。

よしもとデジタルエンタテインメントアカデミー

YouTuberが大人気となっている昨今。

 

そんな時代に、YouTube動画の制作やSNSインフルエンサー、またスマホアプリの企画や開発などデジタルに関することを広く学ぶことができます。

 

今のご時世にあったアカデミーとなっているようですね。

 

実際に芸人とコラボなどして技術を学ぶことができるので、本格的にスキルを身につけていくことができます。

募集要項はこちら

これまでの情報で実際に入学してみたいと考えた人も多いかと思います。

 

アカデミーの募集要項について紹介します。

 

  • 入学資格:18歳以上、高等学校卒業(見込)以上
  • 受付期間:第1回募集:2021年 1月末日必着
    第2回募集:2021年 2月末日必着
    第3回募集:2021年 3月末日必着
  • 選考方法:1次選考:書類選考
    2次選考:グループ面接
  • 在籍期間:4月入学、翌年3月卒業
  • 学費:

入学金

115,000円(税込)
年間授業料 330,000円(税込)
年間施設利用料 55,000円(税込)
保険加入 吉本興業(株)として、学生全員を対象とする傷害保険に一括加入しております。

 

この募集要項に関しては、3つアカデミー全てに共通しています。

 

募集人数には、今のところ未定となっています。

吉本興業高等学院も開校

なんとお笑いを学びながら、高校卒業の資格を取ることができる吉本興業高等学校も開校されます。

 

吉本興業高等学校についてはこちら

まとめ

さすがよしもとです。

 

お笑いだけではなく、時代に合わせて柔軟な発想で、エンタメ界を盛り上げてくれていますね。

 

テレビ離れが叫ばれる時代ですが、テレビだけではなく、デジタルを駆使したインターネットの技術なども学ぶことができますし、技術も身に付きます。

 

さらには、この学校で一緒に学んだもの同士でコンテンツを作ることができる可能性を考えたら、トリハダものですよね。

 

一緒に学んだもの同士で将来は仕事ができると考えたら、嬉しいですね。

タイトルとURLをコピーしました