横川尚隆のプロフィールと経歴や学歴は?トレーニングの重量や分割法もすごい

横川尚隆の経歴や学歴は?トレーニングの重量や分割法もすごい スポーツ
『出典:Unsplash』
この記事は約4分で読めます。

日本のボディビルダー界に突然現れた横川尚隆さんをご存知ですか?

ものすごく大きな筋肉を持っていて、その私生活は筋肉中心。

最近ではテレビなどでも目にする機会が増えてきていて、おバカなキャラクターから愛されています。

今回は、横川尚隆さんの経歴や学歴、トレーニングについても紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横川尚隆のプロフィールや経歴を紹介

横川尚隆のプロフィール

  • 名 前:横川尚隆(よこかわ・なおたか)
  • 生年月日:1994年7月10日(26歳)
  • 出身地:東京都大田区
  • 学 校:日本体育大学荏原高等学校、スポーツの専門学校
  • 身 長:170㎝
  • 体 重:77kg(オン)97kg(オフ)
  • 競 技:ボディービルディング
  • 所 属:クリナップ

横川尚隆の経歴

小学生の時は、ソフトボールで全国ベスト8、関東大会で優勝した経験があります。

漫画『グラップラー刃牙』に登場する範馬勇次郎に憧れて、トレーニングを開始。

トレーニングを初めた後に「フィジーク」という競技があることを知る。

2015年、第2回オールジャパンメンズフィジークで優勝。

2016年、全日本ジュニアボディビル選手権で優勝。

2016年、IFBB世界ジュニアボディビル選手権で2位。

2017年、日本クラス別80kg以下級で優勝。

2018年、日本選手権で準優勝。

2019年、第65回・男子日本ボディビル選手権で優勝、IFBBエリートプロカードを取得し、プロボディビルダーとなりました。

横川尚隆の学歴・高校は?

横川尚隆さんの出身高校は、日本体育大学荏原高等学校です。

こちらの高校には、パワートレーニング部というボディビル大会にも出場している部があるようですが、横川さんはこちらに所属していたわけではないようです。

高校を卒業する18歳前後に競技を初めて、トレーニングを始めたようです。

ですが、母校の生徒にトレーニングの仕方や器具の扱いなどを教えに行っているそうですので、後輩思いなのがわかります。

横川尚隆の学歴・大学は?

それでは出身大学はどこなのでしょうか?

横川さんは、大学には進学されていないようで、学校名はわかりませんが、スポーツの専門学校に進学されたそうです。

スポーツの専門学校に入った理由として、「正直なところ、そこしか入れる学校がなかったんです」と発言しています。

こちらの専門学校に進んだことで、提携しているティップネスが無料で利用でき筋トレマシンが充実していたことが筋トレに目覚めるきっかけになったそう。

トレーニングの重量がすごい

横川さんのトレーニングで扱う重量がすごいと話題となっています。

以前にツイッターで以下のようなつぶやきをされています。

このことからとにかく高重量を取り扱っているということがわかりますよね。

ですが、実際にどれほどの重さをあげているかという情報はありませんでしたが、以下は月曜日にやられているメニューです。

インクラインベンチプレス:2~4回
インクラインダンベルプレス:2~4回
インクラインダンベルフライ:2~4回
ケーブルクロスオーバー:10回
バーベルショルダープレス:2~4回
サイドレイズ:20回
アップライトロウ:20回
リアデルトマシン:20回
各種目の回数が数回に設定されていますので、横川さんクラスとなると、ものすごい高重量を扱っていることがわかりますね。
日々成長されていると思うので、現在ではどれほどの重量をあげているのでしょうか。

分割法トレーニング

ボディービルダーなどのトレーニングでは、全身を満遍なく鍛えるために、部位ごとに分けてトレーニングする分割法を用います。

横川さんも分割法でトレーニングされていますが、以下のようなルーティンでやられているようです。

月曜日 胸+肩
火曜日 脚の前側
水曜日
木曜日 背中
金曜日 腕+僧帽筋
土曜日 脚の後ろ側+臀部

日曜日以外は全てトレーニングなんてすごすぎますね。

肩のトレーニングが2回あったり、脚を前と後ろで分けているなど普通の人には想像もつかないと思います。

横川尚隆のまとめ

プロのボディビルダーになった横川尚隆さん。

無職で筋トレだけに人生を注いできて、プロにまでなったというのは尊敬しますよね。

筋肉のために早く歩くのをやめたり、筋肉のことだけを追求した結果でしょう。

オリンピアなどでも活躍する姿が見れる日は近そうなので、楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました