Wagamamaのカツカレーが話題!イギリスでは大人気だが日本人には大不評

Wagamamaのカツカレーが話題! グルメ
『出典:Pixabay』
この記事は約3分で読めます。

今、世界中で日本食がヘルシーだとして、ブームが起こっています。

イギリス・ロンドンにも多くの日本食レストランがあり、好まれて日本食が食べられていますが、Wagamamaというレストランのカツカレーが流行中とのこと。

今回は、日本食レストランWagamamaについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wagamamaとは?

Wagamamaは、イギリスで展開している日本食を基にしたアジアン料理レストランです。

香港系の事業家が、1992年にロンドンで1号店をオープン。

現在では、イギリスに150店舗近くもあり、ヨーロッパの国々や中東などにも展開しているそう。

イギリス内で大人気となっているWagamamaですが、どのようなメニューがあるのでしょうか。

Wagamamaのメニュー紹介

Wagamamaで展開されているメニューを簡単に紹介していきたいと思います。

日本食にインスパイアされたアジアン料理を数多くラインアップしているようです。

メニューの分類には、ラーメン、どんぶり、鉄板焼き、カレーなどがありますが、日本人が想像するような料理とは少し違うかもしれません。

どのメニューも、かなりアジアンテイストが盛り込まれています。

また、ビーガンメニューも充実しているので、イギリスで人気なのも納得ですね。

Wagamamaのメニューが気になる方は、以下からチェックしてみてください。

Wagamamaのメニュー

Wagamamaはイギリスで大人気

Wagamamaは、イギリス内で150店舗も展開しているほどですので、イギリスでは、大人気となっています。

ロンドンの街中で、Wagamamaへの入店待ちの長蛇の列を見かけることがよくあるそう。

現地では、チキンカツを使った、カツカレーが人気のようです。

イギリスでカツカレーが人気というのは意外と思うかもしれませんが、「鶏肉のフライ+ライス+カレーソース」というのは、現地では馴染み深く、すぐに受け入れられたみたいですね。

Wagamamaは日本人には大不評

そんなイギリスで大人気レストランとなっているWagamamaですが、なんと日本人には大不評のようなのです。

日本食のメニューを展開していますし、カツカレーは日本人にとっても大好きなものだと思うのですが、なぜ不評なのでしょうか。

もともとイギリスの料理は不味いというのは、周知の事実だと思いますが、そういったことを確認するために、直接現地に食べに行った日本人の方が数多くいます。

そして、ほとんどの方が、不味いと評価しているんです。

どの料理も、日本人が想像しているようなものではなく、あまりにクオリティが低いとのこと。

これは別の食べ物だと考えたとしてもまずいということなので、相当なのでしょう。

また、物価も高いので、料理の価格も高くなってしまうことも一因となっているのではないでしょうか。

料理が美味しければ、逆輸入的に日本にも店舗ができても良さそうですが、今のところ日本店はないというのが、日本人に受け入れられないという証拠ですね。

Wagamamaのカツカレーが話題!のまとめ

Wagamamaのメニューを見てみると、とても美味しそうに見えるのですが、やっぱり国によって好みは違うということがわかりますね。

ラーメンやカレーなどは、やはり日本のクオリティは高く、そのイメージで食べると、下回ってしまうのはしょうがないことだと思います。

ですが、ビーガンメニューなどは、美味しいようですので、イギリスに行かれた際には、ぜひ挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました