寺川琉之介がミライ☆モンスターに登場!経歴(中学・高校)や日本新記録を紹介

寺川琉之介がミライ☆モンスターに登場! ミライ☆モンスター
『出典:Pixabay』
この記事は約4分で読めます。

男子競泳界で期待されている選手、それが寺川琉之介さんです。

11年ぶりに日本新記録を達成するなど、その実力もトップクラスであることは間違いありません。

そんな寺川琉之介さんのミライ☆モンスター、プロフィールや経歴(中学・高校)、日本新記録について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寺川琉之介がミライ☆モンスターに登場

5月16日放送のフジテレビ系、ミライ☆モンスターに寺川琉之介さんが登場されます。

こちらの番組では、将来を期待されているアスリートを紹介しているので、寺川琉之介さんが活躍することを期待されていることがわかりますね。

今回は、中学生時代の日本新記録についてや入江陵介選手との直接対決となった日本選手権について紹介されるようなので、必見です。

それでは、寺川琉之介さんのプロフィールや経歴について紹介したいと思います。

寺川琉之介のプロフィール、経歴を紹介

寺川琉之介のプロフィール

  • 名 前:寺川琉之介(てらかわ・りゅうのすけ)
  • 生年月日:2005年生まれ(15歳または16歳/2021年5月現在)
  • 学 年:高校一年生在学中
  • 出身地:佐賀県伊万里市立花町
  • 学 校:二里小学校、武雄青陵中学校
  • 競 技:競泳
  • 種 目:背泳ぎ
  • 所 属:ビートスイミングクラブ伊万里

寺川琉之介の来歴

3歳の頃より水泳を始めました。

始めた頃は苦しくて嫌だったそうですが、記録に挑戦して突破することに楽しさを見出してから本格的に水泳の練習に打ち込み出したそうです。

小学1年から世界新記録の目標を持っていて、小学6年には、50m背泳ぎで28秒19、100m個人メドレーで59秒67をマークし、現在も日本学童記録になっています。

2021年中学3年、50m背泳ぎで中学日本新記録を達成。

寺川琉之介の中学は?

寺川琉之介さんの出身中学は、佐賀県立武雄青陵中学校です。

こちらは、中高一貫校のようですね。

こちらにも水泳部がありますが、練習などのメインは所属しているビートスイミングクラブ伊万里となっているようです。

中学生日本記録を更新

この佐賀県立武雄青陵中学校3年時、競泳のジャパン・オープンにて男子50メートル背泳ぎ予選で26秒05をマークしたことで、萩野公介選手のが持つ日本中学記録を11年ぶりに更新。

大会直前の12月には、右足首を怪我して腕かきの練習しかできなかったが、「何ができるかを考えて、工夫して練習できたことが良かった」と振り返っていました。

この記録に対しても、「狙っていました」とコメントし、ガッツポーズで喜びを表現。

このことから背泳ぎのスペシャリストを目指すのかと思いましたが、まだ特定の種目には絞らないようで、以下のコメントをしています。

どの種目で世界新記録を出すかは、その時に一番楽しいと思える種目で出したい
まだまだ若く可能性のある選手ですので、将来が楽しみですよね。

寺川琉之介の高校は?

進学先の高校を明かしていない寺川琉之介さんですが、中高一貫校ということもあり、佐賀県立武雄高等学校の可能性が高いと思われます。

所属のスイミングスクールでの活動がメインとなっていると思いますので、競技をメインに進学先を選択したわけではないのでしょう。

日本選手権で入江陵介選手と直接対決

今年4月、日本選手権にて、背泳ぎで有名な入江陵介選手と直接対決することなりました。

予選でその場面がありましたが、結果は勝利とはいかず、結果は26.47で29位。

1秒以上のタイム差で、実力差を見せつけられる結果となりましたが、これからの伸びに期待できる泳ぎでした。

入江陵介選手は、その後、100M背泳ぎ、200M背泳ぎの東京五輪代表に内定されるなどの成績だったので、この結果は仕方ないかもしれません。

オリンピックレベルの選手と競ったこの経験から、次回パリ五輪に出場して活躍してくれることを期待したいと思います。

寺川琉之介のまとめ

寺川琉之介さんの活躍ぶりからミライ☆モンスターに取り上げられるのも納得ですよね。

順調に全国クラスの実力を示し、今や日本トップクラスと切磋琢磨する選手となった寺川琉之介さんですので、将来はオリンピック代表になることは間違いないと思います。

これからの活躍も楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました