田中希実(陸上)がかわいいと話題!記録更新の快進撃が止まらない

田中希実 スポーツ
出典;Pixabay
この記事は約3分で読めます。

今、陸上選手の田中希実さんの快進撃が止まりません。

コロナ渦の中、タイムを伸ばし続けていて、数々の記録を打ち出しています。

そんな田中さんがかわいいと話題となっています。

かわいいと話題の田中さんの快進撃の理由はなんなのでしょうか?

田中希実さんについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

田中希実さんのプロフィールや来歴を紹介

田中希実さんのプロフィール

  • 名 前:田中希実(たなか・のぞみ)
  • 愛 称:のん、のぞみ
  • 生年月日:1999年9月4日
  • 年 齡:21歳
  • 出身地: 兵庫県小野市育ケ丘町
  • 学 校: 小野市立市場小学校、小野市立小野南中学校、兵庫県立西脇工業高等学校、 同志社大学スポーツ健康科学部
  • 所 属:豊田織機TC

田中希実さんの来歴

2014年、中学2年で全国女子駅伝に兵庫県代表として出場し、8区区間賞を獲得。

兵庫県立西脇工業高等学校に進学し、多くの全国大会で活躍。

全国高等学校総合体育大会でも3年連続で入賞。

国際大会でも活躍し、アジアジュニア選手権3000mでは大会記録で金メダルを獲得、U20世界選手権でも3000mで金メダルを獲得。

2018年、同志社大学スポーツ健康科学部に入学し在学中。

2019年世界陸上競技選手権大会(カタール・ドーハ)では5000mに出場、10月2日の予選で日本歴代3位となる15分4秒66をマークして決勝に進出すると、10月5日の決勝レースでは14位に入り、日本歴代2位となる15分0秒01をマーク。

2020年7月8日、『ホクレンディスタンスチャレンジ2020』の女子3,000mに出場し、福士加代子が樹立した8分44秒40の日本記録を18年ぶりに更新する8分41秒35の日本新記録を樹立。

さらに、2020年8月23日、『セイコー・ゴールデングランプリ』の女子1500mで、小林祐梨子の4分07秒86の記録を14年ぶりに更新する、4分05秒27を樹立。

田中希実さんがかわいい

陸上選手で、次々と記録を更新して活躍中の田中希実さんがかわいいと話題となっています。

走っている姿は、クールでどちらかと言うとかっこいいなんですが、レース後のインタビューでの笑顔を見るとすごく可愛らしいんですよね。

田中さんの眉毛が可愛いと言われていて、目との感覚も狭いことから、ハーフなんじゃないかとも言われていますが、純日本人とのことです。

これだけ数々の記録を打ち出してこれたのには、親子二人三脚での練習の成果があったようです。

父親と二人三脚で快進撃

田中さんのコーチは、元陸上選手で父親の田中健智さんです。

今年2月に、ライバルに完敗したことで、意識を根底から変えると父に伝えられたそうです。

非常に地味できつい練習に加えて、コロナ渦もあり目標が見えないと言うことから、「きつさに耐えてなんになるん」と当たってしまったそうです。

その後も言い争いは続いたそうですが、このことが見事に身を結ぶことになりました。

数々の記録を更新し、日本記録の更新にもつながりました。

田中希実さんが東京オリンピック内定

田中希実さんが、5000メートルで東京オリンピック内定を決めました。

日本選手権での優勝者が参加標準記録を突破している場合、東京オリンピックの代表内定を出すことを日本陸運が決定しました。

快進撃で東京オリンピック内定を決めた田中希実さんの活躍が本当に楽しみですね。

まだまだ記録を伸ばし続けている田中さんですので、東京オリンピックの頃には、さらにタイムが伸びていることでしょう。

田中希実さんのまとめ

まだまだ21歳と若い田中希実さん。

コロナ渦の中、練習などもままならない中、地道な練習によりタイムを伸ばしてきました。

そんな話題沸騰中の田中さんですが、東京オリンピック内定も決まって、本当に楽しみですよね。

東京オリンピックの頃には、さらにタイムが向上していることでしょうし、まだ決まっていない10000メートルにも内定するかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました