春バテに注意!体調不良の原因や予防方法やおすすめの栄養とは

春バテに注意! スポーツ
『出典:Unsplash』
この記事は約3分で読めます。

 みなさん夏バテはご存知だと思いますが、春バテを知っているでしょうか?

春には、入学、入社などの生活習慣の変化や気候の変動などによって体の不調を訴える人も増えてきました。

春バテの原因や予防の方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

春バテに注意!

春は生活習慣が変わったり、朝夜の寒暖差だったりと体調を崩すことも多いと思います。

それでも夏バテは聞いたことがある人という人も春バテは聞いたことがないのではないでしょうか。

春バテとはどのような症状が起きるのでしょうか。

症状として気だるさや倦怠感、眠気、イライラや気分の落ち込みなどがあります。

春バテが起きてしまう原因はどのようなものなのでしょうか。

春バテの原因とは?

春バテが起きてしまう原因としては、無意識にストレスや疲れが溜まることで起きるそうです。

そのため知らず知らずのうちに春バテが起こってしまいます。

不規則な生活などをしているうちに自律神経が乱れてしまうことでも春バテは起こります。

緊張状態の時には交感神経、リラックス状態の時には副交感神経がバランス良く働いていますが、このバランスが崩れることで体調を崩してしまいます。

それでは自律神経などを乱したり、春バテになったりしないためにはどうすればいいのでしょうか。

春バテの予防方法

春バテを予防するために体を温めることが大事となってきます。

38〜40℃ほどのぬるめのお湯に15分ほど浸かるようにするといいでしょう。

また朝食を食べないという人は、3食をしっかり食べる習慣をつけることがおすすめです。

こういったわかってはいるけどできていないことが重なることで、いつの間にか春バテを起こしてしまうことになります。

少し意識してあげるだけで春バテを予防することができるでしょう。

春バテにおすすめの栄養素

春バテを予防するために食事で積極的に摂りたい栄養素を紹介します。

ビタミンA

先ほど紹介した副交感神経を整える効果があります。

  • ビタミンAを多く含む食材
豚肉、鶏肉、うなぎ、鮭、人参

ビタミンB1

こちらは自律神経を整えてくれて、疲労回復の効果があります。

  • ビタミンB1を含む食材
豚肉、かつお、卵、玄米ごはん、にんにく

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用や抗ストレス作用があります。

ストレスによってもビタミンCは消費されてしまうので、積極的に摂りたい栄養素です。

  • ビタミンCを多く含む食材
イチゴ、柑橘類、キウイ、パプリカ、ブロッコリー、ほうれん草、キャベツ

ビタミンE

こちらも自律神経の働きを整えてくれる栄養です。

  • ビタミンEを多く含む食材
大豆製品、ナッツ類、ほうれん草、ブロッコリー

カルシウム

ストレスやイライラ、不安を抑えてくれる働きがあります。

  • カルシウムが多く含まれる食材
大豆製品、乳製品、小魚、小松菜

春バテに注意!のまとめ

これまで春バテなんて言葉は聞いたことがないという人の方か多かったのではないでしょうか。

春は気候的にも過ごしやすいイメージがあるので、体調を崩すなんて考えたこともないかと思います。

ですが、気づかないうちに体調を崩しているのが春バテなので、今回紹介した内容を参考に、当てはまる人は改善してみてください。

春は新生活の始まる時期ですので、体調をしっかり整えて万全でのぞみましょう。

タイトルとURLをコピーしました