島野愛友利がミライ☆モンスターに!甲子園やプロフィール(高校・大学)を紹介

島野愛友利がミライ☆モンスターに! ミライ☆モンスター
『出典:Unsplash』
この記事は約3分で読めます。

女子野球の世界で、数々の記録を作り出しているのが島野愛友利さん。

そんな素晴らしい野球選手である島野愛友利さんが、ミライ☆モンスターに登場。

そこで今回は、島野愛友利さんの甲子園初出場についてやプロフィールなどを紹介していければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

島野愛友利がミライ☆モンスターに!

女子野球界で大注目の選手である島野愛友利さんがミライ☆モンスターに登場。

この番組では、将来に期待されたアスリートたちが取り上げられることが多く、島野愛友利さんも期待されているということ。

島野愛友利さんはこれまで素晴らしい成績を残されてきているので、期待されるのも納得です。

それでは、島野愛友利さんのプロフィールを紹介していきます。

島野愛友利のプロフィール、来歴を紹介

島野愛友利のプロフィール

名 前:島野愛友利(しまの・あゆり)
生年月日:2004年2月20日(17歳)
出身地:大阪府大阪市西区
学 校: 大阪市立堀江中学校、神戸弘陵高校
競 技:野球
ポジション:投手

島野愛友利の来歴

野球をやっていた兄の影響で小学校の頃から、野球を始める。

中学時代には、名門硬式野球チームの大淀ボーイズに入団。

最速123kmでエースナンバーをつけて、ジャイアンツカップ優勝し、女性初の胴上げ投手に。

神戸弘陵高校に進学し、女子硬式野球部に入部。

島野愛友利は、ジャイアンツカップ優勝

島野愛友利さんは、小学校の頃に兄の影響で野球を始め、少年野球チームに所属しました。

同学年に女子は1人でしたが、6年生の時には主将を務めます。

中学になると、男女の体格差などから厳しくなるため、ソフトボールへの転向を考えた島野愛友利さんですが、中学校進学後は、大淀ボーイズに所属。

チームに女子選手はおらず、トレーニングについていけなかったり、男子との差が歴然と開いていき、試合にも出れないため、何度も心が折れそうになったと島野愛友利さんは語っています。

ですがそこから厳しい練習を乗り越えて、3年生の春にはエースナンバーの1を背負います。

落ち込んでいた時に、上原選手の速さだけじゃない投球術からヒントを得て、人一倍努力を積み重ねました。

そして、中学生の甲子園と言われているジャイアンツカップに出場し、エースとして見事優勝。

島野愛友利さんは、史上初の女子胴上げ投手として大きな話題となりました。

女性が男性の中で勝ち抜いていくのは、並大抵の努力ではできないことだと思いますし、その努力でチームメンバーも認めさせたのはすごいことですよね。

島野愛友利は、聖地・甲子園で女性初の優勝投手に

神戸弘陵高等学校へ進学して、女子硬式野球部に入部した島野愛友利さん。

神戸弘陵女子野球部は、これまで数々の全国優勝経験のある強豪校です。

この強豪校で野球に励むかたわらで、芸能事務所のホリプロにも所属し、女子野球の広く認知してもらうための活動も行なっています。

そして2021年、第25回全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝が甲子園で開催されることが決定。

8月23日、ナイターで開催された決勝戦の抑えとして、最終回のマウンドに上がりました。

三者を見事にアウトに取って、有終の美を飾り、以下のコメントをされています。

「大きな一歩を踏み出せた。女子選手にとっても、甲子園が目指すべき舞台としてあり続けることが私の願いです」
女子野球にとっても、甲子園が目指すべき舞台となってほしいですよね。
高校卒業後には、女子プロ野球か大学進学で野球をするか決めかねているそう。
どちらに進んでも、女子野球の世界を盛り上げてくれることは間違いないでしょう。

島野愛友利がミライ☆モンスターに!のまとめ

島野愛友利さんの活躍を見て、勇気をもらえる女の子もいっぱいいるんではないでしょうか。

女子だから甲子園を目指せないということがなく、女子野球でも甲子園を目指すことが当たり前の世界になってほしいですね。

さらには、女子プロ野球がテレビで放送されるほどの人気になり、そこで活躍する島野愛友利さんの姿が見たいと思います。

タイトルとURLをコピーしました