齋藤咲良がミライ☆モンスターに!全国大会への優勝や世界3大ジュニアでも活躍!

齋藤咲良がミライ☆モンスターに!  ミライ☆モンスター
『出典:Pixabay』
この記事は約4分で読めます。

今テニス界で、メキメキ頭角を表してきている齋藤咲良(さいとう・さら)さん。

ジュニアの世界最高峰レベルの大会で素晴らしい結果を残し続けている齋藤咲良さんですが、今回ミライ☆モンスターに登場されます。

そこで今回は、登場されるミライ☆モンスターについて、また中学最後の年となる全国大会の結果、世界3大ジュニアについてを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

齋藤咲良がミライ☆モンスターに!

冒頭でも紹介した通り、9月26日放送のフジテレビ系ミライ☆モンスターに齋藤咲良さんが登場されます。

小学校からテニスを始め、数々の大会でその実力を発揮し、好成績をおさめてきている彼女の世界3大ジュニアに関してや全国大会について描かれます。

このミライ☆モンスターでは、将来有望なアスリートが紹介されます。

齋藤咲良さんのこれまで残されてきている成績を見れば、将来的には、プロの選手として活躍する姿は想像に難くないですよね。

齋藤咲良さんの凄さを知るためには、ぜひ番組をチェックしてみてください。

それでは、齋藤咲良さんのプロフィールを紹介していきましょう。

齋藤咲良のプロフィール、来歴を紹介

齋藤咲良のプロフィール

  • 名 前:齋藤咲良(さいとう・さら)
  • 生年月日:2006年10月3日(15歳)
  • 出身地:群馬県前橋市
  • 学 校:前橋市立二之宮小学校、前橋市立荒砥中学
  • 所 属:MAT Tennis Academy

齋藤咲良の来歴

5歳の頃からテニスを始め、それだけではなく器械体操、水泳、ピアノなどの習い事も並行。

小学2年生の時、ミナミグリーンTCに入り、週に2回ほど練習を重ねました。

小学校6年生からは、MAT Tennis Academyに通い、毎日練習に打ち込みます。

その後、全国大会で活躍するほどの上達を見せ、小学校6年生では、「2018 DUNLOP SLIXON CUP全国選抜ジュニアテニス選手権大会」にて優勝。

齋藤咲良はDUNLOP全日本ジュニアテニス選手権’21で優勝!

2021年8月に、公益財団法人日本テニス協会が主催するテニスの全国大会が、大阪で開催。

そこで齋藤咲良さんは、決勝まで相手を全く寄せ付けることなく進みました。

決勝の対戦相手は、これまで全国大会では最高でベスト8まででした。

これまでの結果を見れば、間違いなく勝てると思われていましたが、熱中症による嘔吐などでメディカルタイムアウトをとります。

それでも棄権などすることはなく、ゲームを再開し、最後まで戦えるかわからないと考えた齋藤咲良さんは残る力を振り絞って勝利。

見事に優勝を勝ち取りました。

かなり過酷な状況を乗り越えて勝利を得たのは、想いの強さからでしょう。

全国大会では、小学校の優勝時以来、このところ準優勝とあと一歩届いていなかった。

今回の優勝は間違いなく齋藤咲良さんの今後に影響を与える一戦となったことでしょう。

齋藤咲良は世界3大ジュニア世界大会でも入賞!

テニスでは、世界三大ジュニア選手権と呼ばれる世界大会があります。

  1. エディー・ハー国際ジュニア選手権
  2. Jr.オレンジボウル
  3. LE PETITS AS(プチザス)

齋藤咲良さんは、2019年にエディー・ハー国際ジュニア選手権に出場し、シングルス、ダブルスで準優勝を果たしています。

そして引き続き2019年、Jr.オレンジボウル出場。

テニス好きであれば名前を知っている人も多いこの大会には、R.フェデラー、、錦織圭、M.シャラポワなどのトッププロも出場しています。

齋藤咲良さんは、この大会でも3位。

さらに2020年、ジュニア最高峰の大会、LE PETITS AS(プチザス)に出場し、ダブルス準優勝。

こちらも、将来のトッププロが集まる大会と言われおり、先ほどあげたようなトッププロもジュニアの頃に出場しています。

また、ジュニア大会ですが、そのイベントの規模はとてつもなく、4万人もの観客が集まります。

こういった世界レベルの大会ですでに結果を残されている齋藤咲良さんは、将来間違いなく世界で活躍してくれる選手となってくれることでしょう。

齋藤咲良がミライ☆モンスターに!のまとめ

世界に名だたる大会に出て、好成績を残してきている齋藤咲良さん。

日本では、プロの選手が出場する大会でも、紹介したような規模の大会はまだまだありません。

ですが、齋藤咲良さんのように世界で活躍する選手がどんどん出てきてくれることで、世界のトッププロ選手たちが集まってくるような大会が開催されるかもしれませんね。

齋藤咲良さんのこれからの活躍が本当に楽しみですし、追い続けていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました