堂安律の経歴や出身高校をチェック!国籍が韓国人のウワサの真相は?一挙公開!

堂安律の経歴や出身高校をチェック! スポーツ
この記事は約7分で読めます。

現在、サッカー日本代表選手として注目されている堂安律選手。

堂安(Doan)選手は本当は韓国人だった!?という噂が広がっています。ウワサの真相について詳しく調べて見ました。

3歳でサッカーを始め、中学校時代から頭角を現していた堂安選手は、どのような学生時代を送っていたのでしょうか?

年俸や彼女の情報なども合わせて、どこよりも詳しくご紹介いたします。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

堂安律選手の Wiki プロフィール・経歴公開!

プロフィール

  • 名 前:堂安律(どうあん・りつ)
  • 愛称:マラドーアン、大阪の至宝、浪速のメッシ
  • 生年月日:1998年6月16日
  • 年 齡:20歳(2020年2月現在)
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 身 長:172cm
  • 体 重:70kg
  • 利き足:左
  • ポジション:攻撃的ミッドフィルダー
  • 所属:PSVアイントホーフェン

堂安律選手の出身中学や高校はどこ?

堂安律選手の出身中学や高校も見てみましょう。

中学校は、地元尼崎市にある尼崎市立小田南中学校です。

高校は大阪府茨木市にある追手門学院高等学校へ進学しますが、サッカーへ専念するため、通信制の向陽台高校へ編入しました。
追手門学院高校の卒業生には、黒木華(女優)や、飯干景子(タレント)がおられます。

そんな堂安律選手は、中学高校時代から、ボランチやサイドバックと複数のボジションが可能で天才と称されていました。すでに素晴らしい経歴を持ち、から現在の世界でも通用するフィジカル強さを兼ね備えていたようです!

堂安律選手には兄がいるってホント!?

堂安律選手は3人兄弟の末っ子で、3歳年上の堂安優(どうあん・ゆう)選手も『FC長野パルセイロ』に所属するプロサッカー選手です。

優さんはも2012年「全国高校サッカー選手権」で当時、初出場だった長野県代表「創造学園」のメンバーとして出場しています。

大学は滋賀県にある「びわこ成蹊スポーツ大学」で、サッカー部に所属してしいました。

 

堂安律選手がサッカを始めたのは?~これまでの経歴!

【堂安律選手の経歴】
浦風FC
西宮少年SS
2011年~2013年 ガンバ大阪ジュニアユース
2014年~2015年 ガンバ大阪ユース
2015年    ガンバ大阪
2016年~2018年6月 ガンバ大阪
2017年~2018年6月 FCフローニンゲン
2018年7月   FCフローニンゲン
2019年8月   PSVアイントホーフェン

堂安律選手は、3歳くらいからお兄さんの影響で「浦風FC」に入団し、本格的にサッカーを始めました。

小学校4年では、よりレベルの高い「西宮少年サッカースクール」に所属していました。
このサッカースクールでは、個人技を主体とした指導サッカーの楽しさを子供たちに指導しています!
このスクールからプロ社会人で活躍する選手、高校の全国大会で活躍する選手も育っているようです!

中学進学時には、「ガンバ大阪」、「セレッソ大阪」、「名古屋グランパスエイト」の3クラブからオファーを受け、「ガンバ大阪ジュニアユース」へ入団しました。MFのポジションを左右両方をこなせる攻撃型MFとして、早くから頭角を現していました。

2012年には、史上初のU-15(15歳以下)世代の「3冠」達成に貢献しています。

「関西サンライズリーグ」:優勝3回
「JFAプレミアカップ」:優勝1回
「日本クラブユースサッカー選手権」:優勝1回
「高円宮杯全日本ユース選手権」:優勝1回

堂安選手はこの時、ただ1人中学2年生で出場し中心選手として活躍していたようで、やっぱり小さい頃から怪物級だったようです。

2014年4月からはガンバユースに昇格し、高校2年生(2015年5月)の「FCソウル」戦で、クラブ史上2番目の16歳344日の若さで公式戦デビューしています。

あの宇佐美選手の記録を塗り替えたそうですから、その頃からその実力は飛び抜けていたんですね。

高校3年生の2016年には飛び級でガンバ大阪U-18から、トップチームへ昇格しています。

2017年6月、1年間の期限付移籍でオランダのフローニンゲンへ移籍し、2017年5月にはFIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出され、イタリア戦では2得点を挙げる活躍で日本の決勝トーナメント進出に貢献しました。

2018年8月のキリンチャレンジカップでは、日本代表に初招集されました。

2019年8月、海外のオランダ最上位リーグの「PSVアイントホーフェン」に移籍し、クラブ史上初の日本人選手としてプレーしています。

森保一監督が率いる日本代表では間違いなくエース候補の選手で、とくにスピード、アグレッシブなドリブル技術、フィジカルの強さが評価されているそうです。

 

 堂安律選手の年俸は?

2017年に期限付きでオランダ・FCフローニンゲンへ移籍した堂安律選手の年棒を調べてみました。

移籍の期限は1年間で、その金額は推定30万ユーロ(日本円で約4000万円)でした!

2017年のガンバ大阪で時代の年棒の約6倍!!!

【堂安律選手の年俸推移】
2016年(ガンバ大阪)年棒 380万円
2017年(ガンバ大阪)年棒 600万円
2018年(フローニンゲン)年棒 約4000万円

2017年-2018年シーズンの活躍を見る限りでは、クラブ側は獲得に200万ユーロ(約2億6000万円)ぐらいかかっても買う価値があるといっているという記事もあったので、おそらく年棒はさらに跳ね上がるでしょうね。

ちなみに、現在海外で活躍する日本人選手の2017年の年棒ランキングがこちらです!

  • 【1位】 香川真司 ドルトムント 6億5000万円(推定)
  • 【2位】 長谷部誠 フランクフルト 6億円(推定)
  • 【3位】 長友佑都 インテル 5億6000万円(推定)
  • 【4位】 本田圭佑 パチューカ 年俸4億5000万円(推定)
  • 【4位】 岡崎慎司 レスター 年俸4億5000万円(推定)

海外で活躍する選手はやはり桁が違います。

堂安律選手もオランダ以外のチームに移籍する可能性もあるので、今後は香川選手や長友選手に追いつくかもしれませんね!

堂安律選手の韓国人説について!?

堂安律選手は韓国人だった!?という噂があります。

調べてみたところ両親とも国籍は日本なので、まず韓国人説はガセネタだと思います!

おそらく「堂安」という苗字が非常に珍しく、読み方もわからないので日本人っぽい名前じゃない!?と思う人が多かったのではないでしょうか?

今おなじみの某TV局の「日本人のおなまえっ!」ではないですがネットで調べて見ると、堂安という名字は全国で「およそ120人くらい」の少ない名字で、兵庫県、大阪府、京都府などにみられるそうです。なるほど、そういえば堂安選手も、兵庫県尼崎のご出身です。

顔つきが韓国風のイケメンなので、そういう印象を受けた方が多かったのかも知れません。

ベトナム人ではという勘違いもありました。
ベトナムメディアが、『漢越語(ベトナムは中国支配下の時代は漢字文化圏だった)に直した場合、Duong(堂)・An(安)であると分析し、「Doan(段)」ではないと説明した』そうです。

堂安律選手が彼女の画像を誤爆?

 

さて、堂安律選手の彼女について調べてみたところ、彼女とのツーショット写真が流出していました。

彼女めっちゃかわいいですね(笑)

この写真ですが、堂安律選手が自らSNSにUPしたものだそうです。

堂安律選手のインスタグラムやツイッターを見ていると、試合やサッカーに関係することがほとんどでプライベートな情報はごくわずかしか掲載されていません。

そんな中、彼女と思われる女性とのツーショットをUPしたということで、プライベートで使っている裏垢にUPするつもりが公式アカウントに誤ってUPしてしまったのではないかという見方をされているようです。

そしてこの写真はすぐに削除されているので、やはりうっかり投稿してしまったというセンで間違いなさそうです。

いくつもアカウントを使い分けていたらありがちなミスですね(笑)

写真に添えたコメントは「あいないなぁん」なので、試合などで会える時間は少ないのせしょうけど、きっとラブラブなんですね。

彼女のお名前は「まゆさん」とネット上では言われていますが、一般人の方を思われるので詳しいことはわかりませんでした。

オランダで生活をしているので、もしまだお付き合いをされていたら遠距離恋愛ということになりますね。

サッカー選手は結婚が早いイメージがあるので、そのうちおめでたいニュースが聞こえてくるかもですね!

堂安律選手のまとめ

19歳で日本を飛び出して海外で活躍するなど、その素質の高さは話題になっています。

このまま順調に成長すれば、久保建英選手らとともに将来は日本代表を牽引していくような選手になりそうですね。

日本代表のエース候補の堂安律選手の今後のご活躍に注目していきたいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました