レジ袋有料化!2020年7月1日からスタート

レジ袋有料化 生活
この記事は約3分で読めます。

プラスチックのレジ袋がいよいよ7月1日から有料化されます。

一人当たりの使い捨てプラスチックごみ発生量が、アメリカに次ぐ、世界2位である日本。

プラスチックを減らす取り組みが進む中、日本もやっと有料化の波に乗ります。

このプラスチック袋有料化の義務化によって、各社いろいろな対応に迫られているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月1日からレジ袋が有料化!

プラスチック袋スーパーやコンビニなどのプラスチックのレジ袋が有料化されます。

プラスチック買い物袋を扱っている小売業を営む事業者は対象となります。

袋の価格は事業者ごとに決められて、一枚3〜5円が多いようです。

最近では、エコバッグを持参する人が多いので、このままの流れで脱プラスチックを進めていきたいということのようですね。

 

紙袋などは対象外

レジ袋の有料化は全ての袋に対してではないようです。

有料の対象なのは、持ち手のついたプラスチック製の袋です。

紙袋や布袋、スーパーで生鮮食品をいれる持ち手のない袋などは対象外となります。

また、植物由来のバイオマス素材が25%以上配合されている袋も対象外となっています。

これまでのままの袋を有料化するか、対象外の紙袋などに変更するといった対策をすることになります。

いつも行くお店がどのような対策をしているか調べてから行くと、エコバッグを持っていくべきかが分かりますね。

三越伊勢丹ホールディングスでは、厚みを増して耐久力を上げて、撥水加工を施した独自の紙袋を30円から50円で販売するようです。

罰則はある?

プラスチック袋の有料化は義務化されているので、定期報告しなければならず、有料化の取り組みが不十分とされれば罰則なども適用されるとのことです。

罰則がどのような内容なのかは分かりませんが、事業者はしっかりと対応しなければいけないですね。

最近では、企業も対応が甘いと、SNSなどで拡散してしまい 影響してしまいますので、注意しないとですね。

海洋プラスチックごみ問題

今回のプラスチック袋有料化の根本が、この海洋プラスチック問題ですね。

プラスチックゴミは世界中で問題となっており、プラスチックゴミ汚染をゼロにする取り組みがあります。

プラスチックは安価に作れる

プラスチックは、様々な形の製品を安価で作ることができるため、急速に普及してきました。

プラスチックは、便利で簡単に作れるのとは裏腹に、処分するときに大きな問題を持っています。

マイクロプラスチック

一般的に5mm以下の大きさのものをマイクロプラスチックと言います。

回収することもできないほど小さくなったプラスチックが、海に流れ出して、海洋生物の生態系を破壊してしまうと言われています。

マイクロプラスチックを誤嚥することで、消化できずに、海洋生物を死に至らしめてしまいます。

また、マイクロプラスチックを摂取した魚などを食べる人類にも影響があると言います。

まだ人体に取り込まれたマイクロプラスチックがどのような影響を及ぼすかは解明されていませんが、良くないことは明かだと思います。

プラスチックのレジ袋が有料化!のまとめ

世界的に問題となっているマイクロプラスチックの問題ですが、今回のプラスチック袋の有料化によって、少しでも減らしていければ嬉しいですね。

欧米諸国に比べて、プラスチック問題への対策が遅れている日本ですが、このような取り組みから、少しずつ関心を持つことが大切ですね。

国民一人一人が意識して生活できるようになることで、大きく削減できることにつながっていくのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました