東京パラ五輪新競技テコンドーとは?ルールやクラス、見どころや注目選手を紹介

パラテコンドー 東京五輪
『出典:Unsplash』
この記事は約4分で読めます。

東京大会からパラ五輪の正式な競技となるテコンドー。

テコンドーは、蹴り技を基本とする格闘技で、基本的なルールなどはオリンピックと同じとなっています。

新競技に決まって、期待の高まるテコンドーですが、ルールなどよくわかっていないという人も多いかと思います。

また、パラリンピックを見たことがないという人も多いと思いますので、今回はそんな人に向けて、ルールや見どころ、注目の選手などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パラ五輪新競技テコンドーとは?

パラテコンドーとはどのような競技なのか知っていますか?

テコンドーは、蹴り技をメインとする格闘技ですが、パラテコンドーも同じです。

基本的なルールなどは一般的なテコンドーと同じとなっており、足技を駆使して得たポイント数で競います。

テコンドーには、組手(キョルギ)と型(プムセ)がありますが、パラリンピックでは組手のみとなります。

また、障がいを考慮したパラリンピックならではのルールなどもあったりしますので、紹介していきたいと思います。

パラテコンドーのルールは?

パラ五輪には、障がいのある選手が出場しますが、基本的にルールは変わりません。

ですが、パラリンピックでは、一部ルールの変更などがあったりします。

クラス

パラテコンドーは、男女それぞれで3つずつの階級に分かれています。

日本障がい者スポーツ協会

『出典:日本障がい者スポーツ協会』

また、以下のような障がいの程度でクラスが分けられています。

障がいの軽い、重いで有利、不利が出ないように戦います。

日本障がい者スポーツ協会

『出典:日本障がい者スポーツ協会』

ですがパラリンピックでは、K43とK44の2つのスポーツクラスが統合され、男女別に体重階級制(各3階級)で競うことになります。

ルール

試合は八角形のコートで行われ、有効な攻撃に対してポイント(2~4点)が与えらレます。

試合時間内により多くの得点をとったほうが勝ちとなり、もし3ラウンド終了時点で同点の場合は延長戦が行われます。

パラ五輪独自のルールとしては、胴部への足技のみが有効で、頭部へは反則となってしまいます。

パラテコンドーの見どころは?

やはりテコンドーの魅力といえば、蹴り技となります。

胴体への3種類の蹴りが有効となるのですが、有効な蹴りが2点、180度回転の後ろ蹴りは3点、360度の回転蹴りが4点となります。

回転度数によって点数を変えるのは、パラリンピックならではで、豪快な回転蹴りで一発逆転のチャンスを狙うことができる。

ダイナミックな戦いは見応えがありますが、注目してほしいのが、防御です。

いかに防御するということが大事となってくる上、選手それぞれで障がいの状態も異なるので、選手たちの個性や工夫を見ることができます。

東京大会での正式種目が決まった当時は、競技人口がゼロに等しかったパラテコンドーの初代メダリストは気になるところですね。

パラテコンドーの注目選手は?

パラテコンドーで注目されている選手はだれなのでしょうか。

工藤俊介(くどう・しゅんすけ)テコンドー男子75キロ級(上肢障害)2019年世界選手権では、銅メダルを獲得するなど金メダルが期待されている選手。「得意技は前足を使った動き。前足で距離を取り、チャンスで相手に近づいて蹴る技を磨いています」とコメント。
太田渉子(おおた・しょうこ)テコンドー女子58キロ超級(上肢障害) 元障がい者スキー選手で、冬季パラ五輪には3大会連続出場。その後に始めたパラテコンドーでは、2019年世界選手権で3位。

2人とも素晴らしい実力を持っているので、東京パラ五輪では、金メダルをとってくれることが期待されています。

パラ五輪新競技テコンドーとは?のまとめ

ダイナミックな戦いが見どころのテコンドーですが、パラテコンドーも楽しみですね。

代表の選手たちは、健常者のテコンドー選手たちと練習を重ねているそうですが、トップの選手レベルだと、一般のテコンドーと同じくらいできてしまうようです。

初代メダリストが誕生することが間違いないでしょうから、事前に選手たちの情報などを調べて、大会を楽しみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました