大人気アーティスト大塚愛さんが小説家デビュー!その小説のジャンルも意外と話題

大塚愛 音楽
この記事は約3分で読めます。

ラブソングのイメージの強い大塚愛さんが、なんと小説家デビューしたとのことです。

とても意外なニュースですが、その小説のジャンルも意外なものです。

今回は、そんな大塚愛さんのプロフィールや来歴なども紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大塚愛さんのプロフィール、来歴や来歴を紹介

大塚愛さんのプロフィール

  • 名 前:大塚愛(おおつか・あい)
  • 生年月日:1982年9月9日
  • 年 齡:37歳
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 学 校:南港南中学校、港南高校、大阪芸術大学短期大学部
  • 所 属:エイベックスマネジメント

大塚愛さんの来歴

2002年、エイベックスに送った自作のデモMD(「さくらんぼ」「桃ノ花ビラ」「大好きだよ。」が収録)が審査員の目にとまったことがデビューのきっかけとなり、翌2003年9月10日にシングル『桃ノ花ビラ』でデビュー。

12月17日 – 2ndシングル『さくらんぼ』リリース。オリコン初登場20位から、ロングヒットを記録して翌年3月22日には最高5位を記録。

2010年、6月26日 – 前日にRIP SLYMEのメンバー、SUと結婚したことを公表。

同年9月11日、「【LOVE IS BORN】〜7th Anniversary 2010〜」で妊娠3か月であることを発表。

2011年3月 – 第1子となる女児を出産。

2013年1月25日 – テレビ朝日系「ミュージックステーション」にRabbitのメンバーとして出演。出産後初となる2年4ヶ月ぶりのテレビ出演。

2018年11月21日 – SUとの離婚を報告。

大塚愛さんが小説家デビュー!

人気歌手の大塚愛さんが21日発売の小説現代にて、小説家デビューするとのことです。

かなり意外な印象ですよね。

自身初の小説「開けちゃいけないんだよ」は、なんとホラー作品となっています。

ラブソングなどのイメージの強い大塚愛さんですが、読者になぜという違和感を持ってもらうことができると思ったと語っています。

アーティストである大塚愛さんの音の描写には、注目のようです。

大塚愛さんは絵本作家としても活動

大塚愛さんは、絵本作家としてもデビューされているようです。

2010年に、自身の楽曲「ネコに風船」を原案に絵本化した、「ネコが見つけた赤い風船」でデビューされています。

また、2012年には、第二弾となる「ネコがスキになったキライなネコ」を出版。

本当にマルチな才能を発揮されていますね。

大塚愛さんのまとめ

いかがでしたでしょうか?

大塚愛さんの曲が大好きな人は多いかと思います。

そのイメージがあるので、今回のホラー小説はかなり意外でしたよね。

さらには、小説化デビューというニュースにも驚きました。

歌もできて、絵本や小説まで書けるなんて、本当に才能に嫉妬してしまいますね。

タイトルとURLをコピーしました