オリンパスが映像事業を売却!マイクロフォーサーズはどうなる?

オリンパス ビジネス
この記事は約3分で読めます。

オリンパス映像売却が話題になっています。

初心者の人から玄人の人まで大人気のオリンパスのカメラ。

そんなオリンパスが、カメラを含む映像事業を売却すると発表して話題となっています。

どうして売却することに至ったのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オリンパスがカメラを含む映像事業を売却

2018年3月期から、3期連続で赤字計上をしていたオリンパスは、その低迷している映像事業を売却すると発表しました。

売却先は、日本産業パートナーズが運営のファンドで、売却後一定期間はブランド名も残って、オリンパス製品のカスタマーサービスも継続されるようです。

この発表は衝撃的でしたね。

これからは、内視鏡などの医療事業に集中していくということのようです。

スマホが普及で低迷

カメラと言えば、思い出の瞬間を切り取る特別なものでした。

カメラ自体の金額も高額なので、普通の人が手を出すにはなかなか大変なものという認識です。

ですが、スマートフォンが世に出始めてから、手軽に綺麗な写真が撮れるようになってきたため、そういったことが影響して、売り上げが低迷して、今回の売却する辞退に至ったようです。

時代といってしまえば仕方ないですが、昔からのファンにすれば本当に寂しいですね。

カメラ女子を生み出した

オリンパスといえば、カメラ女子。

オリンパスペンというカメラが、非常にコンパクトで女性が好む可愛らしいデザインとなっていて、これまでカメラと言えば、おじさんのイメージだったものを見事に変えました。

女性でもカメラを始めやすいことから、カメラ女子が一気に増えることになりました。

オリンパスといえば、宮崎あおいさんのCMが有名ですよね。

非常に可愛らしいCMで、女性がカメラへの抵抗感を無くしてくれるものとなっていました。

マイクロフォーサーズがなくなる?

マイクロフォーサーズとは、オリンパスとパナソニックが共同で作った規格で、これにより非常にコンパクトなカメラを作ることができます。

ですが、パナソニックは同じぐらいコンパクトで綺麗に撮れるカメラを作ったために、離れていますし、オリンパスも今回の売却によって、離れてしまう可能性があるので、ファンたちが心配しています。

長年ありされてきた規格なので、なくなってしまうのは、本当に寂しいという声が数多く集まっています。

オリンパスのカメラファンのコメントが殺到

今回のオリンパスの売却の話を受けて、ツイッターやSNSなどでは、それに対するコメントが非常に多く集まっています。

オリンパスのカメラを愛用することで有名なカメラマンの赤城耕一さんも「もう失神思想である」とコメントされています。

ツイッターには、オリンパスのカメラとの思い出や、自分が使っているカメラの画像、父親から受け継いでなどのツイートが数多く投稿されているようです。

オリンパスが映像事業を売却!マイクロフォーサーズはどうなる?のまとめ

今回の発表は衝撃的なものとなりましたね。

かねてより、赤字の話や売却の噂などは流れていましたが、実際に起きてしますと何ともいえない寂しさがありますね。

売却後に、オリンパスのカメラの名前などどうなっていくかはわからないですが、ぜひそのまま継承して作られていくことを信じたいと思います。

カメラは、まだまだ使っていけるので、写真を楽しんでいきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました