野口啓代選手のボルダリングがすごい!可愛いや自宅の噂も紹介

野口啓代 スポーツ
この記事は約4分で読めます。

ボルダリングの流行りで、日本でも認知度が上がってきたスポーツクライミング。

そのスポーツクライミング界トップの野口啓代選手ですが、ボルダリング種目のすごさ、話題となっている可愛さや自宅の凄さなどを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野口啓代選手のプロフィールや経歴を紹介

野口啓代選手のプロフィール

  • 名 前:野口啓代(のぐち・あきよ)
  • 愛称:あきよ
  • 生年月日:1989年5月30日
  • 年 齡:30歳
  • 出身地:茨城県龍ケ崎市
  • 出身学校:東洋大学附属牛久高等学校、東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科を中退
  • 身 長:165㎝
  • 血液型:B型
  • 所属:TEAM au

野口啓代選手の経歴

小学校5年生の夏、家族旅行のグアムでフリークライミングした影響で、PUMPスポーレクライミングジムに通いはじめる。

小学校から中学校に進学する期間の春休みに開催された全日本ユース選手権では中高生を押しのけて優勝。

2008年7月、フランスのモンタウバンで開催されたボルダリング・ワールドカップで優勝。

2019年8月、2020年東京オリンピックスポーツクライミング日本代表選考対象の大会となったIFSCクライミング世界選手権大会では、8月20日の女子複合種目決勝間に於いて総合2位となり、野口は世界選手権の日本人選手最上位に与えられるオリンピック日本代表選手内定を獲得。

2020年東京オリンピックを最後に現役を引退することを表明。

野口啓代選手の成績

2018年

・第13回ボルダリング・ジャパンカップ(世田谷区) 優勝

・ボルダリング・ワールドカップ スイス(マイリンゲン)大会 3位

・ボルダリング・ワールドカップ ロシア(モスクワ)大会 3位

・ボルダリング・ワールドカップ 中国(重慶市)大会 優勝

・ボルダリング・ワールドカップ 中国(泰安市)大会 優勝

・ボルダリング・ワールドカップ 日本(八王子市)大会 優勝

・ボルダリング・ワールドカップ アメリカ(ヴェイル)大会 3位

・第1回コンバインド・ジャパンカップ(盛岡市) 優勝

・ボルダリング・ワールドカップ ドイツ(ミュンヘン)大会 3位

・ボルダリング・ワールドカップ オーストリア(インスブルック)大会 2位

・ボルダリング・ワールドカップ 中国(呉江区)大会 4位

・ボルダリング・ワールドカップ 中国(廈門)大会 3位

・アジアン・チャンピオンシップ 日本(倉吉市)大会 優勝

2019年

・第14回ボルダリング・ジャパンカップ(世田谷区) 2位

・ボルダリング・ワールドカップ スイス(マイリンゲン)大会 2位

・ボルダリング・ワールドカップ 中国(重慶市)大会 2位

・ボルダリング・ワールドカップ 中国(呉江区)大会 2位

・第2回コンバインド・ジャパンカップ(西条市) 2位

・ボルダリング・ワールドカップ アメリカ(ヴェイル)大会 2位

2020年

・第15回ボルダリング・ジャパンカップ(世田谷区) 2位

・第2回スピード・ジャパンカップ(昭島市)4位

野口啓代選手のボルダリングの強さ

オリンピック種目となったスポーツクライミングには、リード、スピード、ボルダリングの3つの種目があります。

そのうち、野口選手はボルダリングの種目が得意で、ボルダリングの大会のほとんどでトップの成績を残しています。

寂しいですが、東京オリンピックでの引退を表明している野口選手。

オリンピックでのボルダリング競技での野口選手の活躍が楽しみですね。

野口啓代選手が可愛い

野口選手が可愛いと話題となっていますね。

ボルダリング人気が高まってきたということで、テレビ番組などでも野口選手をお見かけすることが増えてきました。

テレビで野口さんを見たファンから、笑顔が可愛いなどと声が多く上がっています。

現在、野口選手には、彼氏などはいないみたいです。

競技に向かって全力で頑張ってこられたので、トップとして活躍できているんですね。

野口啓代選手の自宅がすごい

野口選手の実家は牧場を経営しているそうで、小さい頃は木登りをしたり、牛舎の上に登ったりして遊んでいたそうです。

そんな牧場の片隅に、プライベートジムがあるようです。

いつでも練習できるようにと、お父さんが作ったようですが、現在では60畳ほどの広さに拡張されています。

このプライベート空間で、毎日1000手近く練習していたそうです。

その練習の成果が、今のボルダリングの力となったということですね。

野口啓代選手のまとめ

いかがでしたでしょうか?

野口選手は可愛らしくて、ボルダリングがすごいと話題となっていますが、納得ですね。

東京オリンピックを最後に引退するということを決めていますが、それ以降も野口選手のクライミングが見たいですよね。

非常に残念ではありますが、東京オリンピックでの活躍に期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました