無印良品が給水サービスを開始!店頭で無料で給水できるので便利

無印給水サービス 生活
この記事は約3分で読めます。

無印良品が詰め替えボトルなどの取り扱いを開始し、さらに店頭に給水機を設置して、無料で給水できるとのことです。

ボトルがあれば簡単に補給して水を飲むことができますし、コーヒーを飲み過ぎてしまう人には、水を飲む方が健康的かもしれません。

無印はどうしてこのようなサービスを始めたのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無印良品が給水サービスを開始

7月1日より、無印良品は店頭で無料の給水サービスを開始したようです。

店頭に給水機を設置して、来店客が自由に給水していけるみたいです。

今はまだ設置店舗は少ないですが、2020年中には、国内400店舗への設置をめざしているようです。

「自分で詰める水のボトル」が発売

給水サービスは来店者であれば誰でも利用できるみたいですが、この給水サービスの開始とともに新商品の「自分で詰める水のボトル」が発売されています。

容量が330mlのペットボトルで、給水用に利用できます。

多過ぎず少な過ぎずな要領なので、使いやすいですね。

ペットボトルには、水という文字だけ入っていて、究極にシンプルなデザインになっていてかっこいいです。

普通のペットボトルより、ひらべったい作りとなっているので、ポケットなどにも入れやすく、持ち運びのしやすいデザインになっています。

フィルターで濾過した水道水

ミネラルウォーターの給水機を設置している店舗などはありますが、無印の給水機は、フィルターで濾過した水道水のようです。

タンクに入ったミネラルウォーターは、プラスチックでできていますし、CO2が排出されます。

日本では安全な水道水が飲めるため、フィルターを通した水道水を利用することで、プラスチックやCO2を削減することができるためということです。

無印の給水サービスは環境に優しい

今回の給水サービスの開始は、プラスチックゴミを削減するための取り組みのようです。

専用のボトルを使ってもらうことで、捨てていたペットボトルを減らすこともできますし、CO2の排出も減らすことができます。

環境に優しい取り組みであるとともに、サービス開始からまだ間もないのに、利用者から喜びの声が上がっているとのことです。

粉末タイプのお茶もある

水もいいですがお茶も飲みたいという人もいるかと思いますが、そういった人のために、「自分で詰める水のボトル用 ルイボスティー / 黒豆茶」という商品も発売しています。

粉末タイプで、10袋入っていて、1袋でちょうど1回分となっています。

とても使いやすくて、美味しいので、おすすめです。

水アプリを利用しよう

給水サービスの開始とともに、独自開発の「水アプリ」の提供も開始しています。

アプリを使うことで、無印の給水機を設置している店舗と、東京都水道局が「Tokyowater Drinking Station」の給水スポットを検索することができます。

今後さらに、給水スポットが増えていく予定のようです。

無印良品の給水サービスのまとめ

無印良品の給水サービスが始まりましたが、とても便利なサービスですよね。

喉が乾くたびに、ペットボトル飲料を買っている人には非常におすすめのサービスとなっています。

水ボトルもちょうどいいサイズ感で使いやすいため、始めに購入しておくといいかもしれません。

レジ袋が有料化したりとプラスチック削減の取り組みが活発となってきているので、このようなサービスを利用して、個人的にも削減に貢献できればいいですね。

タイトルとURLをコピーしました