JUJU(じゅじゅ)の歌の魅力とは?詳細プロフ・経歴・年齢など一挙公開!

JUJU 音楽
この記事は約4分で読めます。

JUJU(じゅじゅ)さんは、自称「永遠の100歳」を名乗る人気シンガーです。

最近は、テレビ番組などで基本情報を少しずつ明かしていることもあり、ますます人気に火がついたようで、テレビで良く見かける様になりました。

今回は、JUJUさんについて、歌の魅力とは?詳細プロフ・経歴・年齢など、気になることをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JUJU(じゅじゅ)さんの Wiki プロフィール・経歴公開!

JUJUさんのプロフィール

  • 名 前:JUJU(ジュジュ)
  • 本 名:園田 淳(そのだ・じゅん)
  • 生年月日: 1976年2月14日(44歳)
  • 出身地: 広島県庄原市
  • ジャンル: J-POP、ジャズ、ヒップホップ、ハウス、ソウル、R&B、EDM、歌謡曲、ニューミュージック
  • 職 業: 歌手、作詞家、作曲家、編曲家
  • 血液型:A型
  • 身 長:166cm
  • 事務所:ソニー・ミュージックレーベルズ
  • 芸名「JUJU」は、アメリカのサックス奏者であるウェイン・ショーターのアルバム「JuJu」が由来
  • 12歳でジャズシンガーを志し、18歳で単身渡米
  • シングル「光の中へ」でメジャーデビュー(2004年)
  • 3rdシングル「奇跡を望むなら…」がUSEN総合チャートでヒットする(2006年)

JUJUさんの略歴

12歳でジャズシンガーを志し、18歳で単身渡米。
ジャズを始めR&B、ヒップホップ、ソウルといったニューヨークの音を吸収し独自性を確立。

ストリート活動が噂となり、日本国内のほぼ全てのメジャーレーベルからデビューのオファーを受けますが、自らの音楽性の追求の為、さらに2年近くニューヨークで活動を継続します。

2004年にシングル「光の中へ」でメジャーデビューするも2年間は鳴かず飛ばずの日々を送ります。

その間、川口大輔氏のアドバイスもあり、一旦ジャズ志向に封印します。

2006年「奇跡を望むなら…」がロングセラーになり話題を呼びます。

2008年7THシングル「素直になれたら JUJU feat.Spontania」が初のオリコンTOP10ヒット(6位)

2009年「明日がくるなら JUJU with JAY’ED」が大ヒット、年間配信チャート1位を記録。

オリジナルアルバムのほか、カバーアルバムも定評があります。

 

実力派女性歌手、JUJUの魅力とは?

JUJUさんの歌声は、多くの人を惹きつけています。彼女の歌唱力の魅力とは、一体何なのでしょうか。

卓越したトーク力とスタイリッシュなイメージ、幅広い音楽性の魅力!

その卓越したトーク力や女性をターゲットにした作品や商品とのタイアップやコラボ、自身のブランドを運営するなどスタイリッシュなイメージにより、20代〜30代の女性を中心に高い支持を受けています。

J-POPファンから好まれるバラードだけでなく、ジャズからヒップホップ、ハウス、ソウル、R&B、EDM、歌謡スタイルなどまで幅広い音楽性を持ち、ほかのアーティストとのコラボも盛んに行っています。

特にジャズへの思い入れは強く、ジャズシンガーへ憧れを抱き、「JAZZは人生の教科書」と語っています。またポップスと並行してジャズをテーマにした活動も継続しています。

尊敬する歌手はサラ・ヴォーン、元ディー・ライトのレディ・ミス・キアー(英語版)、そしてキャロン・ウィーラーの3人で、冗談交じりで「機会があったら彼女たちと声帯を取り替えたい」と話すほど。

JUJUさんの歌唱力の魅力とは?

まずあげられるのは、JUJUさんによるカヴァー曲のジャンルが多岐にわたっていることです。

出発はジャズシンガーのJUJUさんですが、ジャズのスタンダードナンバーから昭和の歌謡曲まで、歌い上げる歌唱力があります。

また、さまざまな曲を歌っていますが、ファンは「どれも聴きやすい」と評価しています。

 

JUJUのまとめ

ニューヨークへの単身渡米と自信喪失、メジャーデビュー後の不振など、大きな挫折を乗り越えながら積み重ねてきた日々から、精神的な強さを身につけたJUJUさん。
こうした経験が彼女の歌唱の魅力となっており、涙する人々への共感力を、創作活動の武器としているようです。

これからの活動を応援したいですね。

タイトルとURLをコピーしました