ジャパンウイスキーとは!?選び方やおすすめの銘柄5選を紹介します。

ジャパンウイスキーとは!?グルメ
『出典:Unsplash』
この記事は約4分で読めます。

お酒好きの方であれば、こだわりのお酒を選んで、晩酌をしているのではないでしょうか。

お酒のジャンルの中でもウイスキー人気は高く、ウイスキーといえば、スコッチウイスキー、バーボンウイスキーと言われる中、ジャパニーズウイスキーに注目が集まっているようです。

日本人として知っておきたいジャパニーズウイスキーの選び方やおすすめの銘柄について紹介していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャパンウイスキーとは?

今、世界的に注目されているジャパンウイスキーとはどのようなものなのでしょうか。

ジャパンウイスキーは、そのままの意味で、日本で作られたウイスキーのことを指します。

ウイスキーというと、外国のお酒というイメージがあるかと思いますが、日本は世界5大ウイスキーに数えられるほどの生産地なのです。

ウイスキーを作る際に最も重要なものが、「水」。

ウイスキー作りに欠かすことのできない澄んだ水を確保することができる日本では、素晴らしいウイスキーを生み出すことができます。

そのため、近年ではジャパニーズウイスキーは世界的に人気となり、品薄状態となっています。

ジャパンウイスキーの選び方は?

こだわりのジャパニーズウイスキーを選ぶ際のポイントについて紹介します。

ジャパニーズウイスキーの選び方としては以下の4つ。

  1. 予算
  2. 度数
  3. 飲み方
  4. 味や香り

ウイスキーの価格は数千円のものから数万円までとピンからキリまでありますので、ご自身にあった価格帯のものを選びましょう。

リーズナブルなものの方が、気軽に試すことができますし、毎日の晩酌にもおすすめです。

度数もしっかりと確認して選ぶといいでしょう。

基本的には、ウイスキーは度数が高いものですが、口当たりも良く飲みやすいジャパニーズウイスキーはおすすめとなります。

最近では、炭酸水で割るハイボールが人気となっていますが、その他にもストレートや水割りなどもありますので、ご自分の飲み方にぴったりのウイスキーを選んでください。

銘柄によって、味や香りが違います。

香りなどによっても口当たりが変わってくるので、ご自身の舌に合う一本を見つけてください。

ジャパンウイスキーのおすすめ銘柄5選

1.サントリー「山崎」

普段ウイスキーを飲まないという方でも、山崎は知っているのではないでしょうか。

その人気の高さから手に入れることが困難となっています。

山崎12年、山崎18年と熟成年を記したものがありますが、より希少性が高く、ほとんど市場にも出回っていないほどで、かなりの高額で取引されています。

2.ニッカウヰスキー『ニッカ カフェグレーン』

「カフェ式連続式蒸留機」という世界でも稀な作り方がされているウイスキー。

クッキーやバニラのような風味で、甘味が強く、女性などにも飲みやすくおすすめの一本となります。

created by Rinker
ニッカ
¥9,600(2023/02/01 10:03:36時点 Amazon調べ-詳細)

3. 笹の川酒造 山桜 黒ラベル

東北で唯一の地ウイスキーメーカー笹の川酒造が製造しているウイスキー。

おしゃれなラベルで、口当たりもスムースなので、ウイスキー初心者の方にもおすすめ。

ロック、水割り、ソーダ割りとさまざまな飲み方で楽しむことができる一本となっています。

4.松井酒造 マツイピュアモルトウイスキー 倉吉シェリーカスク

鳥取県倉吉市にある倉吉蒸留所で作られているウイスキーです。

ホワイトオーク樽とシェリー樽で熟成することで、フルーツやチョコレートのような香りを作り出しています。

とてもバランスが良く、まろやかな口当たりですので、初心者の方にもおすすめです。

5.フロム・ザ・バレル『ウイスキー 日本 500ml 』

グラフィックデザイナーの佐藤卓氏がデザインした個性的な四角いボトルは、とてもおしゃれです。

ウイスキーの作り方の基本として、冷却ろ過の工程がありますが、旨み成分や香りを損なってしまう可能性があります。

その影響をできる限り受けないように作られたのがこの一本。

あまりに人気で、なかなか手に入れることができない一本ですが、手に入れた時には贅沢な晩酌を楽しむことができますよ。

ジャパンウイスキーのまとめ

国際的なコンテストで受賞するなど、ますます盛り上がりを見せているジャパニーズウイスキー市場。

今回ご紹介したジャパニーズウイスキー5つは、個人的な選出となりましたが、どなたにもおすすめできるウイスキーとなっています。

どれを選んでいいかわからないという方は、今回ご紹介したウイスキーから楽しんでいただいて、少しずつウイスキーに親しんでいってみてください。

タイトルとURLをコピーしました