池江璃花子が競泳で東京五輪出場の可能性!白血病を乗り越え復帰!

池江璃花子 東京オリンピック スポーツ
出典:Unsplash
この記事は約4分で読めます。

競泳界の大スター池江璃花子選手が白血病を乗り越え復帰。

 

厳しい闘病生活を乗り越えてきた池江璃花子選手ですが、その池江璃花子選手が東京オリンピックに出場できる可能性が見えてきました。

 

今回は、そんな池江璃花子選手の東京オリンピック出場の可能性について紹介していきたいと思います。

 

池江璃花子選手のプロフィールなどはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白血病を乗り越え復帰!

19年2月に白血病が発覚し、競泳の世界を一度離れることとなった池江璃花子さん。

 

輝かしい成績を残していた池江璃花子選手ですが、一時は選手生活を諦めなければいけないほどでした。

 

それでも諦めることなく、非常に苦しい闘病生活を乗り越えて見事に競泳の世界にカムバックすることとなりました。

 

406日ぶりにプールに入った池江璃花子選手は、少しずつ強度を上げながらトレーニングに励んでいるようです。

東京オリンピック出場の可能性が

2019年8月29日、1年7ヶ月ぶりにレースに出場した池江選手。

 

自身の持つ日本記録には及びませんでしたが、参加標準記録をクリアして、世界を驚かせました。

 

それでもまだまだオリンピックに出場するほどではなかった池江選手ですが、なんと東京オリンピックに出場できる可能性が浮上してきました。

 

2021年1月23日に開催された北島康介カップにて、参加標準記録をクリアし、決勝では4位を記録しました。

当初はパリオリンピックを目指していた

競泳に復帰してから一年ちょっとしか経過していないのに、この結果は驚異的ですね。

 

池江璃花子選手の才能がすごいとはいえ、流石にこのブランクをすぐになくせるわけはないので、当初は、東京オリンピックは狙わず、4年後のパリオリンピックに照準を合わせていました。

東京オリンピック延期で風向きが

ですが、東京オリンピックが新型コロナウイルスの影響により、1年延期したことで風向きが変わりました。

 

さらにそのチャンスで見事、実力を見せつけたことが東京オリンピックに出場する可能性を手繰り寄せました。

 

見ることができないと思っていた池江璃花子選手の活躍を東京オリンピックで見ることができる可能性が出てきたのは、本当に嬉しいですね。

勝負は日本選手権

とはいえ、まだ東京オリンピックに出場できると決まったわけではないので、油断してはいけないません。

 

池江璃花子選手が、東京オリンピックへの出場を決めるためには、日本選手権の決勝で、日本水泳連盟が定める派遣標準記録を突破した上で、原則2位に入る必要があるようです。

 

さらに、100メートル自由形は、400メートルリレーの代表選考会も兼ねているとのことで、目安は派遣標準記録より遅いものとなっています。

 

日本選手権での活躍次第では、池江璃花子選手は、100メートル自由形だけではなく、リレーでも出場する可能性が見えてきました。

 

もちろん記録を出さないといけないということは簡単なことではありませんが、短期間でのこれだけの結果をみてしまうと、ぜひ東京オリンピックでみてみたいという欲が出てしまいますね。

競泳・池江璃花子選手が東京オリンピックに出場の可能性!のまとめ

白血病から見事復帰して、大活躍中の池江璃花子選手。

 

競泳に復帰したということだけで素晴らしいことなのに、こんな短期間でこれだけの成績を残せるということはとんでもないことですよね。

 

我々では想像できないほどの苦しみを乗り越えてきたと思いますので、ぜひこのチャンスをものにして、東京オリンピックに出場できることを願います。

 

池江璃花子選手であれば、東京オリンピックに出場すれば、金メダルを獲得する姿が容易に想像できますね。

 

きっと、4月に開催される全日本で見事に東京オリンピック出場を決めて、喜ばしいニュースが見れることを楽しみにしたいと思います。

池江璃花子選手のプロフィールなどはこちら

タイトルとURLをコピーしました