五十嵐カノアが東京五輪内定!経歴やトップの年収、インスタを紹介

五十嵐カノア 東京五輪
『出典:Unsplash』
この記事は約4分で読めます。

日本サーフィン界のトップ選手といえば、五十嵐カノアさんです。

もしかしたら、メディアなどで目にした人も多いはず。

そんな五十嵐カノアさんが、東京五輪の代表に内定されました。

今回は、経歴や世界トップの年収の噂、インスタを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

五十嵐カノアが東京五輪内定!

サーフィンの東京五輪最終予選を兼ねた「2021サーフシティ・エルサルバドルISAワールドサーフィンゲームス」にて、五十嵐カノアさんが銀メダルを獲得。

このことにより、東京五輪の代表に内定されました。

波乗りジャパンとして、東京五輪での活躍が楽しみですね。

それでは、五十嵐カノアさんのプロフィールと経歴を紹介したいと思います。

五十嵐カノアのプロフィール、経歴を紹介

五十嵐カノアのプロフィール

  • 名 前:五十嵐カノア(いがらし・かのあ)
  • 生年月日:1997年10月1日(23歳)
  • 出身地:カリフォルニア・ハンティントンビーチ
  • 身 長:180㎝
  • 体 重:75kg
  • 競 技:サーフィン
  • スポンサー:Quiksilver、他多数

五十嵐カノアの経歴

両親とも日本人でアメリカ合衆国・カリフォルニア州に生まれる。

サーファーの父に教えられ、3歳でサーフィンを始める。

6歳で大会デビュー、「Kids For Clean Waves」で優勝し、当時のアマチュアUSAコーチ(ジョイ・ブラン氏)に見出され、最年少9歳でUSAチームに入る。

五十嵐は14歳でU-18の『USA Championship』で最年少優勝記録を更新。

同年、『Surfing America ChampionshipsのGovernor’s Cup』を制し、さらには『King of Groms Championships』で2位に入った。

2015年アメリカのジュニアツアーで年間1位、クオリファイリングシリーズで年間7位の成績を収め、日本人として初めて、2016年のチャンピオンシップツアー参戦資格を獲得。

2016年のチャンピオンシップツアーでは最終戦のビラボンパイプマスターズで準優勝、年間20位。

世界トップの年収?

世界でも大活躍中の五十嵐カノアさんの年収が世界トップだと言われています。

2011年の12歳のときに、「Quiksilver」とスポンサー契約を結んだ五十嵐さん。

現在では、

  • 木下グループ
  • Beats by Dr. Dre
  • Delta Air Lines
  • G-SHOCK
  • JACK’S
  • Oakley
  • OCEAN/EARTH
  • Quiksilver
  • Red Bull
  • Sharp Eye Surfboards
  • SHISEIDO
  • Visa

これほど多くのスポンサー契約を結んでいます。

2018年にプロサーファーの収入を公開した記事によれば、スポンサー料だけで2億円近い収入がありました。

これにコンテストなどの賞金もプラスされるので、もっと高額となることでしょう。

2018年時点では、プロサーファーの中で7位でしたが、2021年現在では、スポンサーの数なども増えているので、かなりトップの位置にいるのではないでしょうか。

東京五輪での活躍でさらに増えそうですね。

五十嵐カノアのインスタを紹介

ご本人がサーフィンに関する写真などをアップされているようです。

投稿された写真を紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿

サーフィンをされているところですが、なんてカッコいいんでしょうか。

五十嵐カノアさんのイケメンぶりと合わさって、こんな姿を見せられたら、誰でもファンになってしまいますね。

惜しげもなくプライベートな姿を見せてくれているので、ぜひチェックしてみてください。

五十嵐カノアが東京五輪内定!のまとめ

サーフィンの実力もさることながら、イケメン、高年収で、さらには高校を飛び級で卒業するほどの頭脳明晰と完璧超人です。

すごすぎて嫉妬も生まれないほどですね。

東京五輪でのメダル獲得が確実視されているので、本当に楽しみですし、日本を盛り上げてくれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました