JR北海道キハ261系5000番台【はまなす編成】10月にデビュー運転?!

はまなす 生活
この記事は約3分で読めます。

北海道の鉄道開業から今年2020年で140年を迎えるのを記念したイベントの一環として、

多目的車両のキハ2615000番台特急気動車「はまなす」編成が、10月から営業運転を始めるそうです!

外装や車内はどのようなものなのでしょうか?どの経路を通るのでしょうか?日帰りの旅行商品もあるようです!

今回は「はまなす」編成について調査していきたいと思います!!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「はまなす編成」の外観と車内

特急形ディーゼルカーの2615000番台(5両)を使用しています。

「はまなす編成」の外観は北海道を代表する花である「はまなす」をイメージしたピンク色のカラーになっています。

フリースペース車(1号車)はグループでも個人でも利用できるフリースペースや、2名で利用できる掘りごたつ式の多目的室兼個室、地域の特産品などを販売する販売カウンターを設置されています。

普通車(25号車)の座席は向かい合わせてもテーブルが利用できるようになっているそうです。そして、全席に電源コンセントを設けたほか、無料公衆無線LANも提供しているそうです。

 

926日(土)小樽駅ではまなす編成デビューのプレイベントが開催されるそうです。車両の外観や車内(12号車)を見学できます!!

 

「はまなす編成」どの経路を通る?

「はまなす編成」101718日、日帰り旅行商品向けの団体臨時列車「北海道鉄道140年記念号」として運転されるようです。

行程は
1017日が小樽岩見沢追分室蘭札幌
1018日は札幌室蘭追分岩見沢小樽
です。

日帰り旅行商品「北海道鉄道140年記念号で行く『炭鉄港』を巡る旅」は、1号車「はまなすラウンジ」をダイニングカーとして利用し、昼食に特製弁当「北海道のたから箱」を提供する「ダイニングカープラン」も用意されているようです。

82014時から申し込みが始まっているようです!!

10月から11月にかけて、札幌から道内各方面に向けて走る定期特急列車の一部でも「はまなす編成」が運転されます。通常の特急列車と同様、乗車券と特急券があれば乗車が可能だそうです。

 

「はまなす編成」まとめ

北海道の鉄道開業から今年2020年で140年を迎えるのを記念したイベントの一環として、多目的車両のキハ2615000番台特急気動車「はまなす」編成が、10月から営業運転を始めるそうです!

「はまなす編成」の外観は北海道を代表する花である「はまなす」をイメージしたピンク色のカラーになっています。

フリースペース車(1号車)はグループでも個人でも利用できるフリースペースや、2名で利用できる掘りごたつ式の多目的室兼個室、地域の特産品などを販売する販売カウンターを設置されています。

普通車(25号車)の座席は向かい合わせてもテーブルが利用できるようになっているそうです。そして、全席に電源コンセントを設けたほか、無料公衆無線LANも提供しているそうです。

「はまなす編成」101718日、日帰り旅行商品向けの団体臨時列車「北海道鉄道140年記念号」として運転されるようです。

経路は
1017日が小樽岩見沢追分室蘭札幌
1018日は札幌室蘭追分岩見沢小樽
です。

10月から11月にかけて、札幌から道内各方面に向けて走る定期特急列車の一部にも「はまなす編成」が運転されます。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました