ラグビー福岡堅樹が来春引退、医師の道へ?!その『潔さ。』が話題に!

ラグビー福岡堅樹が来春引退 スポーツ
この記事は約4分で読めます。

ラグビー日本代表として2019年ラグビーW杯日本代表として過去最高の8強入りに貢献し、東京五輪出場を目指していた福岡堅樹選手が6月14日、注目される進退について正式発表しました。

それによると、『7人制日本代表を引退、来季の15人制の国内トップリーグではプレーを続ける』、つまり、オリンピックを目指さず、本来の医師志望に向けての準備に入ることを潔く決めたそうです。

しかし、いつまでラグビーを続けるのかは決めていないということです。

そんな福岡選手の進退への思い、兄弟や家族、プロフィールを調査しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福岡堅樹のプロフィールや経歴を紹介

福岡堅樹選手のプロフィール

  • 名 前:福岡堅樹(ふくおか・けんき)
  • 愛 称:けんき
  • 生年月日:1992年9月7日
  • 年 齡:27歳
  • 出身地:福岡県古賀市
  • 出身校:古賀市立青柳小学校、古賀市立古賀東中学校、福岡高校、筑波大学
  • 身 長:175cm
  • 体 重:83kg
  • 血液型:B型
  • 所 属:パナソニックワイルドナイツ

福岡堅樹選手の経歴

5歳の頃から、玄海ジュニアラグビークラブにて、ラグビーを始める。

福岡高校時代、第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。

2012年、筑波大学に進学、ラグビー部に入部。

第49回全国大学選手権、筑波大学初となる同大会準優勝に貢献。

2013年、ジュニア・ジャパンに選出、同年4月、日本代表に選出された。

2015年、第51回全国大学選手権で2回目の大会準優勝に貢献した。さらに同年8月ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選出。

2016年、パナソニック ワイルドナイツに加入、同年7月にはリオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選出。

同年11月にはスーパーラグビーサンウルブズの2017年スコッドに入る。

2019年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出。

大会後に大会公式ウェブサイトが選ぶ、大会を盛り上げた「別格だったマグニフィセント・セブン」に選ばれた。

福岡堅樹選手の兄弟は?

福岡選手には、お姉さんが一人いて、名前は唯子(ゆいこ)さんと言います。

お姉さんの唯子さんは、劇団四季の研究所に3年間在籍して、女優として活躍されていたようです。

現在は、すでに退団されていて、女優業はやられていないようです。

福岡堅樹選手の家族がすごい

福岡選手の家族は医者の家系で凄いと噂になっています。

父親が歯科医

福岡選手の父親は、歯科医師をされていて、福岡歯科医院という歯医者を経営されています。

福岡選手の父親も、中学、高校、大学とラグビー選手として活躍されていたようです。

福岡選手が、ラグビーの試合で使っているマウスピースは父親が作っているみたいです。

祖父が開業医

福岡選手の祖父は内科の医師だったようです。

福岡選手は、そんな祖父に、「才能を持って生まれた人間は、それを社会に還元する責任がある」という言葉を聞かされていたそうです。

この言葉を聞いた福岡選手は、祖父の影響を受けて医師を目指すようになったようです。

福岡堅樹選手が可愛い

福岡選手の話し方や笑顔が可愛いと女性ファンの心をつかんでいます。

試合後のインタビューでのしっかりとした受け答えが女性ファンには可愛く映ったようですね。

さらには、福岡選手のくしゃっと笑った笑顔にやられてしまうファンが多くいたみたいです。

それに加えて、猫が大好きな福岡選手。

TwitterやInstagramに飼い猫るーくんの写真をたびたび上げているようで、その猫との戯れ方と、プレーとのギャップに女性ファンはさらに魅了されているようですね。

福岡選手が7人制日本代表を引退し、医師を目指す!

ラグビー日本代表として昨年のワールドカップで8強入りした福岡堅樹が。2020年6月14日、注目される進退について、所属先のパナソニックを通じてオンラインで会見しました。

福岡選手によると『7人制日本代表を引退し、医学部を目指します。来季の15人制の国内トップリーグではプレーを続ける。やり残したこと、後悔は、ラグビーに関してはありません。』

かねて医師志望だった福岡選手は、昨年プレーしたワールドカップ日本大会限りで15人制の日本代表から、2020年に実施予定だったオリンピック東京大会限りで7人制日本代表から退くと決めていたそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大により大会延期の可能性が浮上。その時点で福岡は今後の身の振り方を考え始め、実際に延期が決まった頃には「自分で一度決めた引退のタイミングを先延ばしにしたくない。」と、オリンピックの出場はあきらめ、「医師を目指す準備に充てることで、よりスムーズに移行できる」と、潔く決めたそうです。

当面、「ラグビー選手としての活動は続ける」とも話しています。

福岡堅樹選手のまとめ

ラグビー日本代表として大活躍の福岡選手。

そんな福岡選手の家族もまた凄い人たちでしたね。

福岡選手は、東京オリンピック後には、医学部を目指すと決めていましたが、今回のオリンピックの延期が今回の決定に繋がり、ラグビー選手も引退してしまうことになりそうです。

ラグビーをする姿を見れなくなるのは、本当に残念ですが、医師になる夢をかなえてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました