今夜の満月は「フラワームーン」 見られるエリアは?

フラワームーン 生活
この記事は約2分で読めます。

今日7日(木)19時45分に満月を迎えます。

自宅に閉じ込められた毎日、今夜は夜空を見上げてみませんか?

由来や、気になる各地の天気予報を合わせてお伝えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月の満月、英語で”flower Moon”

5月の満月はフラワームーン~花月~と呼ばれます。

実は、英語圏に目を向けると、満月には様々な呼び名があります。

1月から12月まで、それぞれ呼び名が決まっていて、4月の満月は「ピンクムーン」でしたが、5月の満月は「フラワームーン」と呼ばれるのです。

5月は、まさに新緑の季節で、花が咲き乱れる時期なので、ピッタリの呼び名ですね。

 

各月ごとの満月の呼び方

満月には月ごとに様々な呼び名があります。

アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前を、動物や植物、季節のイベントなど実に様々につけていました。

 

「月の出」の時間は いつ?

月が夜空に浮かんでくる時間は、地点によって、少しずつ違います。

7日の「月の出」の時間は、札幌は18時26分頃、仙台は18時19分頃、東京は18時20分頃、名古屋は18時31分頃、金沢は18時34分頃、大阪は18時36分頃、広島は18時49分頃、福岡が18時56分頃、那覇は18時57分頃です。札幌と那覇では、およそ30分も違うのです。

ステイホームが呼びかけられる中ですが、ご自宅でのんびりと満月を眺めるのも、良さそうです。

 

バッチリ見える地域は?

そこで、気になるのは、今夜の天気です。

本州付近は、今夜も高気圧に覆われるので、全国的に晴れるでしょう。星空指数は、最高レベルの所がほとんどです。風が特に強く吹くこともなく、雲に邪魔されずに、満月を楽しむことができる所が多いでしょう。

ただ、穏やかに晴れる夜は、内陸部を中心に、冷えるのがポイント。8日の最低気温は、平年を下回る所が多い予想です。原因は、雲がないぶん、地面近くの暖かい空気が、どんどん上空に逃げてしまうからです。

今夜は滅多にないほど恵まれたお月見日和になる予定です。

満月になる時刻は19時45分。

ぜひ、家の窓やベランダなどから、夜空を見上げてみて下さい。

 

現象おさらい 満月とは

 月は自ら光っているわけではなく、太陽の光を反射することで輝いています。そして、地球から見た時に太陽の光を反射している面がどこを向いているかで、三日月や上弦の月、満月など、見かけ上の形は変わります。

天文学的な定義では、満月は地球を真ん中にして太陽と月の位置が一直線に並ぶ(月と太陽の黄経差が180度になる)瞬間を指します。

タイトルとURLをコピーしました