デキサメタゾンが死亡率を下げる?新型コロナウイルス治療に画期的な発見!

デキサメタゾン 生活
この記事は約3分で読めます。

いまだ新型コロナウイルスに対して効果的な治療は見つかっていません。

そんな中、英国内の175以上もの病院が参加した英オックスフォード大の研究結果に注目が集まっています。

抗炎症薬デキサメタゾンが新型コロナウイルス患者の死亡率を下げる効果があると発表しました。

今回は、デキサメタゾンとは何なのか、どのような効果があるのかを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デキサメタゾンとは?

デキサメタゾンは、ステロイド系抗炎症薬の一つです。

炎症の原因に関係なく炎症反応や免疫反応を強力に抑制することができ、急性炎症、慢性炎症、自己免疫疾患、アレルギー性疾患などの際に使用されます。

アトピー性皮膚炎などの炎症を抑えることで使用する人が多いかと思います。

そのほかにも、抗がん剤の副作用治療や予防などにも使われ、様々な用途で使用されています。

デキサメタゾンにコロナの死亡率を下げる効果!?

英オックスフォード大学の研究チームによれば、新型コロナウイルスとの戦いへの画期的な突破口となると発表されました。

新型コロナウイルスの臨床試験として、デキサメタゾンが試された結果、人工呼吸器を必要とする重症患者の致死率が3割下がり、酸素供給を必要とする患者の場合は、2割下がったということです。

今回の研究は、新型コロナウイルスへの対策として、最大級の結果となりました。

初めての致死率を下げる薬となった

デキサメタゾンは、現時点での新型コロナウイルスでの死亡率を下げる効果を示している唯一の薬のようです。

デキサメタゾンを投与した感染患者約2000人と、投与しなかった約4000人の死亡率を比較した時に、明かに死亡率を下げる結果となり、世界中の患者を救う希望となると言われています。

デキサメタゾンは安価で手に入りやすい

こんなに効果が高い薬ということから、高価な薬なのではないかと考えるかもしれませんが、この薬はとても安価で手に入りやすいといいます。

ぜんそくや関節リュウマチなどで広く使われているため、比較的に購入することが容易で、一日あたりの治療費としては、700円とのことです。

このぐらいの費用ならば、治療費を心配することなく、多くの人が治療に当たることができるようになります。

いつでも安価に治療できるということは、ウイルスに感染した人、感染するかもと恐れている人にとっての安心材料となることかと思います。

自宅治療には効果がない?

今回、効果があるとわかったのは、人工呼吸器や酸素吸入が必要な、比較的重症な患者となります。

酸素吸入などの必要がない軽症患者の人には効果はないようです。

ですので、自宅などで治療をしようとしている患者の人が、薬局などに買いにいくべきではないということですね。

心配な気持ちはわかりますが、そのような行動から薬の買い占めなどが起きて、影響があると困ることになりますので、購買行動は控えるようにした方が良さそうです。

デキサメタゾンのまとめ

今回の発表はこれまで暗かった新型ウイルスへの対策として、本当に明るい兆しをもたらしてくれるものですね。

これから、より効果が実証されて全世界で使われるようになれば、新型コロナウイルスを封じ込めることにつながります。

ちょっとずつ良い方向に向かっていることを実感できているので、元どおりの生活ができる日も近いかもしれません。

油断することなく、以前の生活を取り戻していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました