ベーシックインカムは日本にいつ導入される?導入国の結果やまとめを紹介

ベーシックインカム 生活
この記事は約3分で読めます。

全ての人の最低限の生活が保証されているベーシックインカム。

そんなベーシックインカムを日本に導入することは可能なのでしょうか?

また実際に導入した国はあるのでしょうか?

紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベーシックインカムの概要やメリットを紹介

ベーシックインカムの概要

国民の最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想。

ベーシックインカムでは、生活保護や失業保険の一部扶助、医療扶助、子育て養育給付などを一元化して、国民生活の最低限度の収入を補償することを目的とする。

一方で、国民精神の堕落など倫理的な側面から批判されることがある。

所得給付の額次第では給付総額は膨大なものになり、国庫収入と給付のアンバランスが論じられたり、税の不公平や企業の国際競争力の観点が論じられることもある。

ベーシックインカムのメリット

ベーシックインカムは、年金・雇用保険・生活保護などの社会保障制度、公共事業を縮小することにより、「小さな政府」を実現するのに役立つといわれている。

また、最低限の生活を保障という点から、企業は雇用調整を簡単に行うことができるようになり、雇用の流動性が向上し[10][11]、新産業創出などの効果があるという意見がある。

さらに以下の様々なメリットがあるとされている。

  • 貧困対策
  • 少子化対策
  • 地方の活性化
  • 社会保障制度の簡素化
  • 行政コストの削減
  • 労働意欲の向上
  • 景気回復
  • 余暇の充実
  • 非正規雇用問題の緩和
  • ブラック企業の矯正
  • 産業空洞化の防止
  • 消費税の逆進性の解消
  • 犯罪の減少
  • 職業選択の自由
  • うつ病患者の症状改善
  • スティグマからの解放

ベーシックインカムは日本にいつ導入される?

メリットも多く、ぜひ導入してほしいと思いますが、日本での導入は可能なのでしょうか?

可能であればいつぐらいに導入されるのでしょうか?

ベーシックインカムを日本に導入するためには、乗り越えなければいけない問題が様々ありますし、日本国民の理解も得なければいけないため、導入するにしてもかなりの時間がかかってしまうかと思います。

それでなくても日本政府の対応は非常に遅いので、現実的には導入は厳しいかもしれません。

ベーシックインカムを導入国の結果は?

多くの国では、ベーシックインカムを導入するために検証を続けているようです。

その中でもフィンランドがベーシックインカムを実験的に導入しました。

勤労意欲を高めるために導入したのですが、健康や幸福度などは上昇したのですが、勤労意欲が上がることはありませんでした。

望んだような結果を得ることができなかったため、この実験は一年前倒しで中止されることなりました。

ですが、この実験はかなり限定的な条件のもと、行われたものであるので、本当に導入するためには、もっと検証が必要になりますね。

ベーシックインカムのまとめ

ベーシックインカムが日本に導入できるかについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

将来的に人工知能の発達によって、雇用が減ってしまうことが考えられますので、ぜひともベーシックインカムが導入されてほしいですが、実際は問題が山積みですよね。

ベーシックインカムが導入されれば気持ち的にも余裕が出るので、セミリタイアなどしてみたいですよね。

余裕のある豊かな未来になることを期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました