アーモンドミルクが人気!豆乳との違いは?成分や効果、メリットやデメリットを紹介

アーモンドミルクが人気!豆乳との違いや成分や効果、メリットやデメリットを紹介 健康・美容
『出典:Unsplash』
この記事は約4分で読めます。

新型コロナウイルスの影響で巣ごもり需要が増えました。

それによって、人々の健康の意識が高まってきており、植物性ミルクへの関心も高まっています。

植物ミルクと言えば、豆乳を想像する人も多いかと思いますが、アーモンドミルクが人気となっています。

今回は、そんなアーモンドミルクとはなんなのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーモンドミルクが人気!

コロナ禍の健康意識の高まりからアーモンドミルクが人気となっており、アーモンドミルク市場規模が100億円を突破したとのこと。

これまで牛乳を飲んでいた人たちも植物性ミルクに移行しているようです。

乳糖不耐症の人は、牛乳だと体調に不具合などが出てしまうので、体に気づかってのこと。

では、植物性ミルクでこれまでもあった豆乳とはどう違うのでしょうか?

アーモンドミルクと豆乳の違いは?

牛乳離れによって、植物性ミルク。

牛乳の代わりに飲むアーモンドミルクや豆乳には健康上のメリットが多いです。

では、アーモンドミルクと豆乳はどちらがいいのでしょうか?

豆乳には、タンパク質が豊富に含まれているため、魅力的ですが、カロリーの低さや含まれている栄養素の豊富さからアーモンドミルクの方が体に良いです。

ですが豆乳が悪いうものではなく、好みの方を、できれば砂糖など不使用のものを取るようにすると良いですよ。

アーモンドミルクの成分と効果

それでは、アーモンドミルクの成分や効果を紹介します。

低カロリー

200ml(コップ1杯分)の比較したときは以下となります。

牛乳 134kcal
無調整豆乳 92kcal
アーモンドミルク(砂糖不使用) 48kcal

そして糖質は以下のようになります。

牛乳 9.6g
無調整豆乳 5.8g
アーモンドミルク(砂糖不使用) 0.2g

ビタミンEが豊富

200mlあたりのビタミンE含有量を比べてみましょう。

牛乳 0.2mg
無調整豆乳 3.3mg
アーモンドミルク 13.0mg

食物繊維が豊富

アーモンドミルク200mlあたりの含有量は約2.5g。

きんぴらごぼう一食分ほどの食物繊維が含まれています。

オレイン酸が含まれている

健康的なオイルであるオレイン酸。

こちらが豊富に含まれているのでおすすめです。

アーモンドミルクのメリット・デメリット

アーモンドミルクのメリット

アーモンドミルクを飲むことで、以下の健康メリットを得ることができます。

  • 低カロリーでダイエット向き
  • 豊富なビタミンEでアンチエイジング
  • 豊富な食物繊維で腸活
  • オレイン酸でコレステロールを下げる

ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれていて、新陳代謝を促進して、美肌効果を高めてくれます。

さらにオレイン酸は、悪玉コレステロールを下げてくれる効果がありますが、飲み過ぎには注意しましょう。

アーモンドミルクは、健康と美容にはうってつけです。

アーモンドミルクのデメリット

それではデメリットも紹介していきたいと思います。

  • アレルギー
  • 増粘剤の添加
  • サステナビリティが低い

健康効果の高いアーモンドミルクですが、デメリットとしてアレルギーがあります。

最近では、ナッツアレルギーを持っている人が増えているので、事前に確認してから取るようにしましょう。

また、増粘剤が含まれていることが多いのですが、それが腸の炎症を引き起こす可能性が高いことが問題となっています。

まだ不明確ですが、取らないに越したことはないでしょう。

さらには、アーモンドミルクを生産するためには、大量の水が必要となるそう。

このことからサステナブルがさけばれる昨今、気になるところとなっています。

ですが、牛乳を生産するために必要な水の量よりは圧倒的に少ないです。

アーモンドミルクが人気!のまとめ

皆さんも自宅にこもる機会が増えて、健康を意識することが増えてきたんではないでしょうか。

環境負荷なども高く、健康にも影響を及ぼす可能性のある牛乳の人気は落ち、植物性ミルクの人気はどんどん高まってきています。

アーモンドミルクだけではなく、豆乳、最近ではオーツミルクなど選択肢はさまざま。

栄養成分や健康メリットなどを調べて、皆さんに合ったものを取り入れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました